演劇家・横山真が己の表現の追求・具現化のために発足したプロデュースユニット。生(LIVE)の表現にこだわり、演者から発せられる音・熱・呼吸・視覚的印象などを五感+αで感じられる作品創造を目指す。


by yukinone_makoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ごあいさつ

はじめまして、『雪の音』主宰の横山真です。
どうぞ今後ともお見知りおきお願い致します。


さて、早速ですが私横山より団体の紹介をさせて頂きます。
『雪の音』は、生(LIVE)の表現であれば演劇にこだわっておりません。

多様な感性・文脈を持った人間同士の出会いから生み出されるものを構成し、芸術作品にまで昇華させ、その非日常的空間を観客の皆様と共有してゆく事を目的として活動しております。

読み物や映像作品では絶対に感じる事のできない、目の前にいる生の人間から発せられる熱・呼吸に加え、同じ視覚でも立体の視覚的印象、生だからこそカットできない一見無駄と思われるような音…などを自覚的に作品へ繋げ、活かしてゆく作品創造を目的としております。


そんな『雪の音』処女公演が、来年2008年の1月5日に原宿ASTROHALLにて行なわれます!

今回の表現形態はドラマリーディング。
必要最小限の動き、装置、キャストにてどこまで観客の鑑賞に堪え得る作品の創造ができるのか。ハードルは高いですが、だからこそ挑みがいがあるというものです。


当blogでは、主宰である私横山はもちろん、共に作品の創造に関わって下さる客演・スタッフの方々と交代しながらその過程を綴ってゆこうかと思っております。
もちろん創作に関する事以外の何気ない文章も書かれる事があるかと思います。

そんなこんなで、どうぞ今後とも『雪の音』よろしくお願い致します☆


横山 真
by yukinone_makoto | 2007-11-12 17:05 | 主宰より