演劇家・横山真が己の表現の追求・具現化のために発足したプロデュースユニット。生(LIVE)の表現にこだわり、演者から発せられる音・熱・呼吸・視覚的印象などを五感+αで感じられる作品創造を目指す。


by yukinone_makoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2/16(火)14:00~ 『たゆたう、もえる』 楽日マチネ

こまばアゴラ劇場 冬のサミット2009参加作品/
マームとジプシー2月公演『たゆたう、もえる』楽日M(2/16(火)14:00~) @こまばアゴラ劇場

5ステ目。

状況的に崩れることが予測し易かった4ステ目を乗り越えたことが、もしかすると油断に繋がったのかもしれない。
今考えてみれば、この回の本番前の空気は十分に危険な状態であったなと感じさせられるくらいに緩んでいた。
おそらくは全ステージ中最も緩んでいたのではないかと思う。

それに加えて、この回のお客さんの反応の仕方がそれまでの4ステージとは明らかに異質なものであったことも、この回の崩れに繋がっていたように感じた。
確実に前のめりで観ていることが舞台上にいてもひしひしと伝わってきていて、それが空間全体の空気を支配していたのだ。

別にそれ自体が問題だとは思わない。
問題であったのは、そのお客さんの反応の仕方に舞台上の人間が動揺してしまったこと、「観客の期待に応える」というだけの偏った関係性でしか、観客と向き合えなかったことである。

そもそも、観客の求める呼吸に合わせにいってしまっては、観客の求めるレベル分のものしか発することができない訳で、そんなことでは観客の想像を越えてくるような瞬間が生まれるはずがない。
たぶん、舞台上からの押し付けでも駄目だし、客席の要求に応えているだけでも駄目で、舞台上と客席、その双方の呼吸がうまく循環するからこそ、双方にとって思いもしなかったような瞬間が生まれてくるんじゃないかと思う。


そういう意味で、この回の自分達は本番前の空気の緩みを含め、甘過ぎた。
いや、この回に限らず、自分達はあまりにも客席からのエネルギーに対して無防備過ぎるんじゃないか。
なにも観客を敵視するということまではしなくてもよいと思うが、やはり強い気持ちを持って観客とは向き合ってゆかねばならないと思う。
客席の空気によって作品のクオリティがいちいち変化してしまうようでは、いつまで経っても偶然の力頼みの作品しか生み出せないということになってしまうのだから。


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2010-02-21 18:59 | 出演レポ