演劇家・横山真が己の表現の追求・具現化のために発足したプロデュースユニット。生(LIVE)の表現にこだわり、演者から発せられる音・熱・呼吸・視覚的印象などを五感+αで感じられる作品創造を目指す。


by yukinone_makoto
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2008年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

近頃よく感じてしまうのが、演劇関係の人というのは芝居そのものよりも「芝居に関わっている自分」の方が好きな人が多いんだろうなって事です。

だから、やる側の都合しか見えていない。
観る側の都合などはお構いなしだからこそ、自分達の言いたい事を全部詰め込むような事も平気でできてしまうし、お客さんを置いてけぼりにした変なこだわりみたいなものを作品のクオリティを犠牲にしてまで盛り込めたりできてしまうのでしょう。

なんでそんな事になってしまうのかと色々考えてみたのだが、もしかすると「知り合い以外の芝居(或いは表現活動)をあまり観ていない」からというのが大きいのではないかという結論に達しました。

結局、観る側になっても内輪なんです。
内輪だから、たとえ不満を感じたとしても変な仲間意識のせいでそれを問題と捉えられず、そこから何かを学び自分達の活動へ生かそうという意識が稀薄になってしまうのではないだろうか、、、そう思ってしまうのです。

だとしたら、これほど悲しい事はないです。


作品のクオリティは当然の事ながら、空間に一歩足を踏み入れた時の印象、受付をはじめとしたスタッフワーク、美術、音響、照明、当パン、アンケート、前説、後説 etc、、、
それ以外にも、
前日の案内連絡、後日のお礼連絡、広報、web告知、フライヤー(チラシ)、告知DM、お礼DM、予約・問合せへの受付対応 etc、、、
お客さんに関わる事柄を今簡単に思い浮かべてざっと挙げてみただけでも、これほど検証すべきポイントはあります。
また、これは従来のシステムである訳だから、そこに違った切り口を盛り込みたいのであればまさに考える事は無限にあります。

にも関わらず、ただでさえお客さんに不親切な部分の多い今の演劇公演の画一化されたシステムの上へ、更に内輪にしか通用しない発想を乗せてしまう事の怖さに鈍感なのは、本当に危惧すべき問題です。
もっと危機感を持って一つひとつの事柄へと向き合ってゆく事は、これからの演劇が生き残ってゆくために必要不可欠な事なのだと思います。

そしてそれは、演劇そのものに対しての愛がなければ気付けないようにも自分は思います。
少なくとも「演劇をやっている自分」しか見えていない人間では、その発想に他者が絡んでこない訳ですから。


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2008-11-30 08:35 | つれづれと

公演への動機

雪の音では、公演の企画及び創作をするにあたってはまず初めに「こういう事やりたい!」という欲求から入ります。
そう思わせてくれるものは、人であったり、戯曲であったり、空間であったり様々です。
まあ、自分の場合、十中八九それは“人”なのですが。

つまり、雪の音での公演は、「この人と一緒にやりたい」というところから始まり、人を軸にしてやりたい事が浮かんできて、その欲求に見合った空間と題材を選んでゆくのです。
もし仮に、その人の都合がつかなかった場合、代役を立てる気など全く考えておりません。

当然そういうやり方なので、準備にはとにかく時間がかかります。
もしかするといつまで経っても公演は打てないような事もあるかもしれません。

おそらく、こういうやり方は「甘い」と言われるかもしれません。
が、自分はそこのところだけは一切の妥協をしたくなくて、妥協するくらいなら公演自体を打たない方がいいと思ってます。

ただし誤解のないように言っておきますと、これは別に代役を立てたり定期的に公演を打つ事が悪いという意味ではなくて、ただ単純に雪の音という創作集団の方針というか理念がそうであるというだけの事であり、どちらが正しいという訳ではないです。
もちろん1人でも多くの方に自分達の創り出した作品を観てもらいたいですし、そのための努力は惜しむつもりは毛頭ありません。
言いたいのは、雪の音として創作するに当たっては何に重きを置いてゆきたいのか、、、それが“人”なのだ、という事です。
第一、雪の音を立ち上げた理由がそれなのですから、貫くのは当たり前の事だと思います。

それは役者だけに限らず、スタッフワークに関しても同様です。
何の考えもなしで、従来よく見られるような役職に人を当てはめるような事はしたくありません。
「この仕事が今回の公演には必要で、だからこそこの人が必要なんだ」という必然性に応じて役職をあててゆくつもりです。
というか、本来、そうあるべきなのではないかなと思ったりもしているのですが。

場合によっては「空間美術」「制作」「広報」「トレーナー」だけでもよいと思っております。
まあ、そこら辺に関してはまた別の機会に書こうかと。


「天地人」という言葉があります。
今、その中で自分が最も重視している「人の和」には手応えを感じつつあります。
という訳で、今後問題になってくるのは「天の時」と「地の利」という事になってきます。

相当効率の悪いやり方である事は分かっておりますが、最後まで貫いてゆきたい。
うん、がんばります。


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2008-11-19 20:46 | つれづれと

どうも腑に落ちないこと

「大劇場信仰」というものがあるような気がします。

何故、東京ばかりに劇団が集中するのか。
何故、皆が皆、本多劇場や世田谷パブリックシアターなどの大きな劇場を目指すのか。
何故、経済的な無理をしてまで作品に合わない空間で公演を打ちたがるのか。
何故、大したビジョンもなく貸し出し料金だけを基準に劇場を転々として公演を打つのか。
何故、観客と共に成長してゆこうとする劇団が少ないのか。

最近、小さい劇場ではとても面白かった劇団が大きな劇場で公演を打つ事で見事にその持ち味が殺されてしまっている光景をよく目の当たりにするようになってきました。
作品に合わない空間で行なわれている公演に触れてしまった時の悲しさといったらありません。

思うのは、カフェでのみとか廃墟でのみとか野外でのみとかキャパ50以下の小屋でのみとか、そういう徹底したスタイルを持った劇団がもっと増えてもいいんじゃないかって事。
WSのみを目的とした劇団(「演劇集団」という意味では同じだし)があってもいいし、とにかく頑なに地元でだけしか公演を打たない劇団があってもいいはず。

たしかに、経済的な面や運営的な事情により公演の規模を大きくせざるを得ないような場合もある事でしょうし、大劇場でこそ自分の作品が生きるのだという確信を持っている方もいる事でしょうから、大劇場で公演を打つ事が必ずしも悪いとは思いません。
むしろ問題なのはその発想の出どころで、自分達の行なっている行為一つひとつの動機が自発的に湧き起こったものなのか、それとも外界から与えられた借り物の価値観からなのかという点にあります。

もし、本来独創性を求められているはずの表現者達が、どの分野の人よりも画一化された価値観の中に身を置いていたのだとしたら、それは由々しき問題です。
もっと冷静に、謙虚に自分達の一つひとつの活動をいちいち見つめ直し、問い続けてゆく事が大事なのだろうなと強く思います。


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2008-11-16 10:02 | つれづれと
お陰さまで『ごほんごほんと絵本は鳴く』及び『ブルーとベリーの小さな惑星』は無事に全日程を終了致しました。
公演に関わってきた全ての方へ、心より感謝の意を表させて頂きます。

---------------------------------------

今回は本当に得たものも多く、またそれでいて考えさせられる事も多かった公演であった。
特に、マームとジプシーという団体における今後へ向けての課題が明確になった事がとても大きかったと思う。
それは、作品自体の完成度がとても高かったために足りない部分が具体的になってきたのだという事であり、決してネガティブな意味合いでの課題ではなくて、次のステップに進むためという非常に前向きな課題である。
これもひとえに全力で今の自分達にやれる事をやりきっていった結果なのだろう。

一方、個人的な反省点を思いつくままに挙げてみると、

【身体について】
◆呼吸に関しての持久力が以前に比べて落ちてきている。
◆本番が近くなる毎に、アップが不十分な状態で稽古に臨む事が多かった。
◆体調管理が万全とは言い切れなかったところに創り手としての自覚不足がある。

【芝居について】
●共演者との意思疎通に課題。変に気を遣い過ぎて、逆に相手に気を遣わせてしまっていた。
●役者として発信するものが絶対的に少な過ぎる。演出のために芝居をしている訳ではない。
●引く事が多過ぎる。自分の美学をもっと強く持つべき。
●稽古場の空気に影響を受けすぎ。

【スタッフワーク等について】
■チケットの売り方が行き当たりばったり。改善の余地だらけのまま何となくで売っていた。
■何をするにも一歩目が遅い。
■役者以外の仕事をもっとやれたはず。

、、、きりがないのでここら辺で。

今回特徴的なのは、「けんいち」という役に対しての反省よりも、芝居に向き合う段階での役者・横山真としての反省ばかりが目立つという点。
たしかに3ヶ月間も同じ役と向き合っていたという状況も影響しているのだろうが、それよりも何よりも、ここで挙がった反省点は、横山真という人間そのものの課題なのだろうと強く感じる。

したがって、これらの要素とは今後、決して避けては通れない道なのだろうと思う。
強い意志を持って向き合っていきたい。

---------------------------------------

さて、稽古最終日の日記にも書きましたが、自分は今回の公演で役者として一つ区切りをつけようと考えておりました。
それはどういう事なのかというと、今回限りで自分は「俳優」という肩書きを外すつもりです。
ただ、とはいっても、今後も自分は役者として公演には出演する事もあるでしょうし、自分でも企画を立てて出演する事もあるでしょう。
では、何が変わるのかといえば、これからの自分は「純粋な創作への欲求からのみでしか役者はやらない」という点で変わるのです。

俳優として身を立てるとか、一人前になるとか、そういう外的な事のために役者に取り組むのではなく、「こういう芝居をしたい」という欲求のみで役者に取り組みたいのです。
自分は、役者としては毎回が一発勝負で芝居に向き合いたいのです。

という訳で、今後の自分は指導者としての活動がメインになってゆくかと思います。

とはいえ、スタンスが変わっただけで役者としての活動も継続して行なってゆく事には変わりませんし、雪の音という団体もこれまでに引き続き公演を打ってゆくつもりです。
また、当ブログもこれまで通り表現者としての活動などを記してゆくつもりですので、どうぞ今後ともよろしくお願い致します。


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2008-11-10 13:45 | 出演レポ
11/3(月)17:00~
マームとジプシー 『ブルーとベリーの小さな惑星』 楽日ソワレ @STスポット

とうとう千秋楽。泣いても笑ってもこれで最後である。

マチネからの休憩中に鼻炎用の薬を服用してみたのだが、そんなにすぐに効くはずもなく、体調的にはマチネよりも悪い状態に陥っていた。
しかし本番中の集中力は、全ステージ通じて最も高かったのではないかと思う。
とにかく目の前の事だけに集中できていて、思考が先回りも後悔も一切する事ないままに、ひたすらに“今”とだけ向き合えていた。

それは何の影響なのかは分からなかったが、この回はもう、作品の出来云々とかいう次元ではないところで時間が流れていたように感じた。
なんというか、舞台上も客席も、全てに一体感が感じられて、何ともいえないグルーブ感に空間全体が包まれていた。
自分にとってはそれがとてもポジティブな感覚を与えてもらえていたように感じたのだが、今になって冷静に思い返してみると、かなり細かい部分でのミスは多かったのではないかと思う。
しかし、そういった些事を一切気にさせない密度の濃い空気が確かに舞台上に存在していた。

自分にとっても、このような感覚は初めての経験であった。
今回のメンバー一人ひとりのこの作品に対する想いの強さがそうさせていたのだろうか。
とにかく不思議な体験だった。


これで『ブルーとベリーの小さな惑星』は全ステージを終えた訳だが、初日を開けるまでの不安と重圧に見合うだけのものをどのステージでも生み出せていたのではないかと思う。
ステージ毎で作品の完成度に多少のムラは見られたものの、確実に『ドコカ~』の時より安定してきてはいる。
だからこそ、これに甘んじる事なく、より高みを目指して今後も成長し続けてゆきたい。
個人としても、団体としても。


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2008-11-06 22:35 | 出演レポ
11/3(月)13:00~
マームとジプシー 『ブルーとベリーの小さな惑星』 楽日マチネ @STスポット

これまでなんとか騙し騙しでやってきたのだが、とうとう持病である鼻炎の症状が本格的に表れてきてしまった。
元々会場の空気は非常に悪かったため、本番と稽古以外の時間は常にマスクをしたりして極力負担を減らす事を心掛けていたのだが、これまでの疲労の蓄積も相まって、どうも身体の方がもたなくなってきていたようである。

しかし、不調だからこそ集中できるという事もあるもので、この回の前半(2場まで)は本当に奇跡的に素晴らしい出来であった。
おそらくは全ステージ通じて最高の出来であったのではないかと思う。

自分も体調の事を抜きにして考えてみれば、空間の生かし方、特に音の反響のうまい利用方法のようなものが身体で分かってきたため、より芝居の幅が広がってきたように感じる。
また、客席もよく見えていたのだが、だからといってそれに気を取られるような事もなかった。
そういった事も、前半のよさに繋がっていたのではないかと思う。


が、そのよい状態も3場に入ってからは雲行きが怪しくなり、何故か一人ひとりが芝居をたっぷりやり始めてしまったせいで徐々にリズムが崩れてゆき、その皺寄せとして4場のりり子が小岩井家へ来るシーンが重苦しくなってしまい、なんとも説教臭いシーンになってしまった。
前半、あれだけ潔く相手へと台詞を手渡す事ができていただけに、後半の失速が非常に悔やまれる。

どういう時に1人で芝居をしてしまっているのか。
それをはっきりと具体的に自覚してゆく事が、マームにとっての今後の課題なのだろうと思う。


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2008-11-06 22:05 | 出演レポ
11/2(日)18:00~
マームとジプシー 『ブルーとベリーの小さな惑星』 2日目ソワレ @STスポット

マチネ終演後、休憩の時間を利用してマチネでの反省ポイントを細かく修正していったのだが、それがこの回で確実に反映されていた。
また、役者間で適度な緊張感も再び生まれていたため昼間あれだけ多かったミスも激減した。

台詞がうまく手放せている状態の時は、舞台上の空気がうまく循環されているような感覚になってくるので、本当に気持ちがいい。
相手から発信されたものを受け取った時に生まれてきたものを、ただ相手に返してゆく。
そうしてゆくうちに、自分だけでは決して見えてこないものが見えるような感覚になってくる。

この回、相手役の彩乃ちゃんが非常によい状態で、自分はそれにうまく乗せてもらえた感じだ。
乗っている時の彼女は本当に素晴らしい。何かこう、支配力のようなものがあるのだ。
後半にいけばいくほど、自分でも気付かなかった自分のようなものをぐいぐいと引っ張り出してくれるので、一緒にやっていて本当に楽しかった。
こういう感覚に陥らせてくれる役者さんを相手に芝居ができるのは、役者として本当に幸せな事だと思う。


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2008-11-05 22:59 | 出演レポ
11/2(日)14:00~
マームとジプシー 『ブルーとベリーの小さな惑星』 2日目マチネ @STスポット

昨日の2ステが悪くない出来であっただけに、その勢いに乗って今回も更に上を目指したかったのだが、その欲張り方がよろしくなかったのか、ここで中だるみの症状が出てしまった。
役者一人ひとりがいちいち台詞を持ちすぎていて、シーンが後半へと進む毎にどんどんと間延びしていってしまったのだ。
台詞を持ちすぎるという事は、自分1人で芝居をしてしまっている証拠であり、それでは生きた会話などのやりとりがは生まれるはずがない。

特にけんいち、まきの夫婦が中盤辺りから間で芝居をし始めていて、内面の充実感などないままに雰囲気だけで終盤のシーンを迎えてしまっていた。
あれでは夫婦の確執に今ひとつ説得力を帯びてこないため、ラストのシーンが観客にとっての想像の範囲内で収まってしまうのではないかと思う。
あれが普通の夫婦喧嘩で終わってしまっては、作品として何の面白みもない。
もっと心に負荷が必要である。

また、この回は細かいところでの凡ミスが多かった。
自分も序盤の数箇所で細かくミスをしてしまい、どうしてもリズムに乗り切れないまま中盤に突入してしまった事も、夫婦のシーンがそれっぽいだけのシーンとなってしまった原因のひとつであったと思う。

たしかに作品のクオリティ自体は悪くはなかったかもしれない。
が、自分達はアベレージを残す事を目的とはしていない。
アベレージを残す事は当たり前の事であり、目的とすべきところではないのだ。

この経験を戒めとして、同じ過ちは決して繰り返さぬよう肝に命じてゆきたい。


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2008-11-05 22:38 | 出演レポ
11/1(土)18:00~
マームとジプシー 『ブルーとベリーの小さな惑星』 初日ソワレ @STスポット

初日の恐ろしいほどの重圧から解放され、気の緩みも多少危惧されていたのだが、そんな心配も何のその、全体的な出来としてはマチネよりもよかったように感じた。
マチネ時では一人ひとりの芝居は丁寧ではあるものの、やはり重圧の大きさ故か固さがやや見られたのだが、今回はその固さも取れていい具合に肩の力が抜けた状態であったので、皆が先手先手で芝居を行なえていたと思う。
しかしそれでいて適度な緊張感も保ち続けていられたので、非常によい状態で役者一人ひとりが作品と向き合えていた。

藤田君も終演後「今日のソワレはガツンときた瞬間がいくつもあった」と言っていたように、作品を介してのお客さんとのやり取りを通じて確実にこの作品をモノにしつつあるのだと思う。
その証拠に、幕開け前と後では劇的といっていいくらいに芝居の質が違ってきているのだ。
とはいってもそれは観客を過剰に意識して芝居を合わせにいっている訳ではなくて、観客との呼吸のやり取りを通じて自然に作品に血が通ってきたという事なのだろうと思う。

マームのいいところは、決して観客に媚びたりはせず、だからと言って決して無視もしないで、自然と観客と向き合おうという空気が無理なく舞台上に生まれる事なのだと思う。
やっている事がやや特殊に取られがちな表現であるにも関わらず、そこにいやらしさが感じられないのは、この団体のそういった真摯な姿勢に起因しているのではないだろうか。

本当にやりがいのある公演であるなと感じさせてくれる、素敵な人達である。


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2008-11-05 22:12 | 出演レポ
11/1(土)14:00~
マームとジプシー 『ブルーとベリーの小さな惑星』 初日マチネ @STスポット

『ブルーとベリーの小さな惑星』が、とうとう初日を迎えた。
『ごほん~』と合わせて3ヶ月という長丁場の稽古は、全てこの3日間のためにあったと言っても過言ではない。
また、前作『ごほん~』のように普遍的に共感を得られるような作品に比べ、今作は様々な意味でチャレンジしていた作品であったため、果たしてどのような反応が得られるのかが幕が開けるまで全く読めなかった。
そのため、初日の開演前の重圧たるや筆舌に尽し難いほどのものであった。

しかし、結果としてその重圧が非常によい方向に作用したらしく、これまでの稽古で行なってきた事が一つひとつ確実に芝居に反映されていた。
これまでマームは公演初日に弱い傾向があったのだが、やはりカフェでの経験が大きく生きているのだろうか、この日はとても落ち着いていたように思う。
欲を言えば、もう少し後半乗っていってもよかったのではないかとも思ったのだが、確実にこれまでの稽古が作品に直結していた事は、団体としてひとつ成長できた証拠なのかもしれない。

考えてみれば、今回のメンバーは『ほろほろ』以降ほぼレギュラー参加のメンバーである。
そこから考えてみれば、半年以上を共に創作しているメンバーと言える訳だ。
そういった要素も少なからず影響しているのかもしれない。
藤田君自身も今回のメンバーは今後も長く続けてゆきたい人達だと言っていた。


「マームとジプシー」という団体の、今後の可能性を感じさせる初日であった事は確かである。
初日を終えた時の安堵感が、その実感を更に強くしてくれていた。


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2008-11-05 21:53 | 出演レポ