演劇家・横山真が己の表現の追求・具現化のために発足したプロデュースユニット。生(LIVE)の表現にこだわり、演者から発せられる音・熱・呼吸・視覚的印象などを五感+αで感じられる作品創造を目指す。


by yukinone_makoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

reset-N ver.23.0 『閃光』

7/26(土)15:30~ reset-N ver.23.0 『閃光』 3日目マチネ @王子小劇場

非常に凄味を感じさせられた。
reset-Nの作品はこれまでに何本も観てきているけれど、自分の中では今回の作品はその中でも1、2位を争う出来であった。

現実と虚構の狭間を絶妙のラインで渡っていっている。
これを作家のプライベートの掃き溜めと見る人もいるのだろうが、自分はそう思わない。
たしかにところどころ出てくるフレーズにはノンフィクションの匂いが多分に含まれているのだが、そこで発せられる言葉や想いには、事実をただ連ねているだけでは決して出す事のできないもので溢れており、安易なノンフィクション作品とは一線を画したものであると思う。

実は、reset-Nの作品に対しては『繭』のあたりからなんとなく違和感を感じていた。
物語が進行すればするほど、客席に身を置いている自分の頭の中が冷静になってくるような感覚で、感情移入を許さず、舞台上と客席の距離を敢えて遠くしているようにすら感じさせる創り方をしているように見えたのだ。
が、もしかするとその感覚は今回の作品に到るための胎動のようなものだったのではないだろうか、、、なぜならば、今回の作品はその距離感でなくては成立しないように感じたからだ。
逆に、下手に感情移入してしまうような距離感でこの作品を見ていたらしんどかったと思う。

とにかく色々な意味で「やられた!」と思わされた。


公演は残り2日しかないのですが、時間の都合がつく方であれば是非観て頂きたい。
絶対にお薦めですので。


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2008-07-26 22:29 | レビュー

肉体改造及び身体改造

を行なおうかと思います。

その理由は、ここ最近、稽古後半辺りで息切れしてしまっている傾向があるのと、自分が自分に求めている芝居に今の自分の身体がついてゆけてないように感じ始めてきたためです。
また、癖が癖のままなので芝居にも影響が出ているようにも感じているし、役者としての身体というものをもう少し突き詰めて考えてゆこうかと思ってもいます。

もう若さに甘えられるような時期はとっくに過ぎているし、自分は元々に持っているものだけで勝負できるほどの素材を持ち合わせている奴ではない事も十分分かってます。
ならば自らの意識を変えてゆく事に対し迷う必要は一切ないはず。


自分は生来が怠惰な性質を持っている人間ですので、こうやって追い詰めてみる事もたまには大事かなと、そう思ってこんな事を敢えてこの場で、しかもこういう形で宣言してみました。
まあ、その成果は嫌でも今後公演を重ねてゆくごとに表れてくる事でもある訳ですし、そこのところをどうぞ見張っていて下さいませ。


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2008-07-18 23:48 | つれづれと
7/17(木)19:00~
東京オレンジ2008 インプロヴィゼーショナルシリーズ#6 『真夏の夜の夢』 3日目
@下北駅前劇場

東京オレンジの観劇は今回が初。
インプロ(即興)で公演を打つ、という事がどのような形になるのか非常に興味があったのだが、予想を遥かに上回る面白さに衝撃を受けた。

オレンジ主宰の横山さんはサッカーに例えていたが、自分の場合はバスケ歴が長かった事もあってバスケットの試合を観戦している感覚に陥った。
めまぐるしく動き続けている「その舞台空間で確かに存在している意識の主導権」とでもいうようなボールを、ある時は奪い合い、またある時は他の誰かに託したりしながら、全ての役者が一瞬たりとも「今、ここ」から集中を切らす事なく存在しているのだ。
観ながらにして「こういったやり方もあるのか!」という感動で胸が一杯になっている自分がいる事に気付けた。

また、このやり方には、観客が演者の「役としての意識」と「役者としての意識」が同時進行で見る事ができるという、ストレートプレイではあまり見えてこない(というよりも見えてしまってはよろしくないとされている)部分が見られるので、普段とは違った見方が楽しめる事が分かった。
この感覚はこれまでにありそうでなかった感覚のように思えて、なるほど、と感じた。

特に印象的だったのが、前半に行った『ピクチャーズ』という手法。
あのやり方は自分の中では本当に画期的で、あれのお陰で自分がインプロで公演を打つという事へと抱いていたイメージを完全に払拭してくれたように思う。
そして、自分が雪の音でやりたかったある表現についてのヒントにも繋がったりもした。

本当に感動も収穫も大いにあった公演だった。


まだ公演日数は残っているので、もし興味があれば観て損はない公演です。


本日ゲストの清水宏さんはとにかく素晴らしかった。
実は、清水さん見たさに観劇日を今日に調節したのだが、やはりその判断は間違っていなかったと思う。


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2008-07-17 22:58 | レビュー
7/12(土)18:30~ 洗足学園音楽大学 『DOLL』 2日目 @洗足学園ミュージカルスタジオ

昨年12月に観に行って、心の底から震わされ、感動させて頂いた洗足学園の一年生によるシアトリカル・リーディング(演劇的朗読)の公演が今年も行なわれた。
しかも今年は、例年よりも半年も早く公演が行なわれた訳なのだが、そんな事を感じさせない素晴らしい作品に仕上がっていたと思う。

出演者の一人ひとりが、自らの身体や舞台上の空気の昂ぶり、発する言葉の手触り、観客からの空気といったものと誠実に向き合いながら、それらを素直に自らのエネルギーへと変換し、またそれを客席に還元してくれていたので、非常に素敵な循環が生まれていた。
会場全体でひとつの作品となっていたように感じたのは、そういった循環によって生みだされた現象なのだろうと思うし、それは出演者達のあの作品に対する真摯な姿勢を見れば、必然というか当然の現象であったようにも思えた。


ほぼ初演技というような状況下でありながら奇をてらう事もなく、ただ純粋に「今、この瞬間」へと飛び込んでいっている彼女達から学ばされたものは数え切れない。

そんな彼女達に対し、心から「ありがとう」と思える自分がいた。


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2008-07-13 20:01 | レビュー
7/10(木)20:00~ 東京ねじ 第10回公演 『みみ』 初日ソワレ @アトリエヘリコプター

感じたのは、右脳で創られたシーンというのは観ていて分かるという事。
そして、そういうシーンほど面白いように感じた。

自然と集中して観ていたシーンとそうでないシーンの差が、若干大きかったように感じたのは、そんなところに起因しているのかなーと、なんとなく思ってしまった。
今回扱っている題材が自分の好みど真ん中であったので、余計にそういうところが気になってしまったのかもしれない。

女性陣が皆素敵でした。


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2008-07-11 00:31 | レビュー

「二流の超一流になれ」

ここ最近出会った言葉の中で、最もはっとさせられた言葉です。

なにかこう、心の中のずっと深いところへ染み込んできたのが分かった。
そして、それによって自分の中の決定的な何かが変化したように感じる。


この、素敵な出会いに感謝です。


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2008-07-08 23:56 | つれづれと