演劇家・横山真が己の表現の追求・具現化のために発足したプロデュースユニット。生(LIVE)の表現にこだわり、演者から発せられる音・熱・呼吸・視覚的印象などを五感+αで感じられる作品創造を目指す。


by yukinone_makoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:WS・セミナー参加レポート( 25 )

8/23(日)13:00~22:00 マームとジプシー11月公演・出演者2次オーディション
@青少年学習センター・講習室

【外界への印象】
《天候》
●曇り
・はっきりと暑いという印象はないのだが、湿気のせいか結構汗ばんでくる
・たまにくる風が気持ちよい
《空間》
●講習室
・音はよく響くはずなのだが、何故かその音が空間に吸い込まれていっているような感じがする
・床が固い

【身体状況】
・朝、念入りに走ったせいか、気分的にはだいぶすっきりしている
・ただ、下半身は全体的にまだぼんやりしているので開始前に刺激を与えて目覚めさせておきたい
・鼻がむずむずする
・呼吸が浅く、定まりきれていない

【レポート】
久しぶりの更新。
というのも、ここ半年の間、俳優から離れていたためである。
そこの理由について書き始めると非常に長くなってしまうためこちらでは割愛させて頂くが、まあ、約半年ぶりの役者復帰となった訳だ。

正直言って、細かい感覚についてはやはり多少鈍っているなと感じる部分が見られた(特に発声的な部分で)。
が、今日現場に入る前の段階で心配していた程には鈍っていなかったので、修正にはそれほど時間がかからなさそうには感じた。
まあ、役者から離れていたと言っても、いくつか演劇の現場には顔を出していたのだし、半歩WSや芸術家のくすり箱セミナー(リンク先にレポートがあります)などには参加し続けていた訳だから、感覚的にはそれほどブランクという感じにはなっていなかったのである。
とはいえ鈍っていることには変わらないし、WSと創作を同じように考えることは当然できないのだから、決して楽観視はできないのだが、、、


さて、今日オーディションを受けていて最も痛感したのは、自分は「本当に軽い演技が苦手」だなということ。
どうしてもしっかりと演じようとしてしまうのだ。

特に子供の演技は大の苦手だ。
しかもその苦手意識のせいで更に演技が固くなってしまい、見ていて痛々しい演技に仕上がってしまう、、、という悪循環に今の自分は見舞われてしまっているようである。

たしかに自分の容姿や声質を考えてみれば子供の演技を行うのは非常に厳しいものがあるのも事実である。
しかし、役者である以上は「できません」では務まらないのだから、なんとかしてうまく成立させられるだけの策を見い出さねばならないのだ。

痛々しくなってしまう原因を色々と考えてみたのだが、おそらく、自分の中の子供像が曖昧なのだろうという結論に到った。
「子供っぽさ」という抽象的なところを目指して演じようとしてしまうから、嘘臭い演技になってしまうのだ。
もっと子供の興味や衝動の湧き起こり方や見ているものについての想像を働かせることから始めてみるべきなのだと思う。
そうしてから、その想像と自分の外見や性質とを摺り合わせてゆく作業を行うことが重要になってくるのではないだろうか。

要は「自らの演技の一つひとつを具体的にしてゆくための手間を惜しんでいるようでは、観客を満足させることなど程遠い話だ」ということである。
特に自分にとって不得手な分野の演技であるのならば尚更のこと。


とりあえず、自分の当面の課題を明確にすることができたのは大きい。

11月公演の創作に向かうにあたって、作品を構成する要素の一つひとつに対して徹底的に手間をかけてゆくようにしたい。


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2009-08-24 00:10 | WS・セミナー参加レポート
今回のWSは、本当に充実していた部分と相当に浮足立っていた部分の差が大きくて、トータルで見た時には悔しさしか残らない、自らに対して絶望すら感じてしまったといっても過言ではないくらいの内容であった。

第一の反省は、体調管理の甘さから3度も不調のまま稽古へと臨まねばならない状況を作ってしまったこと。
第二の反省は、プライベートでの動揺を切り離せずに少なからずそれを稽古場へと持ち込んでしまったこと。
第三の反省は、自分の仕事に追われてしまい、役についての色々が後手後手に回ってしまったこと。
第四の反省は、今回自分に課していた縛りを破ってしまい、結局はやり易い方向に流れてしまったこと。
第五の反省は、一人で責任を抱えようとしてしまう自分の悪い癖が出てしまったこと。

、、、やはりこうして挙げてみると分かるのだが、人間的に未熟である故の反省点が多すぎる気がする。

『ごほん~』『ブルー~』の時に感じてしまった役者・横山真に対しての絶望は、今回も解消できはしなかった。
結局のところ、スタンスを変えたところで自分が役者をやる限りは一生この絶望と付き合ってゆかねばならないのだろう。

回数を重ねる度に、舞台に立つことの怖さは増している。
が、本来、この怖さを知らずして舞台に立ってはならないのかもしれない。

この絶望や怖さに決して負けたくはない。
そう思えているうちは、どんなに辛くとも、舞台に立ち続けてゆこうと思う。



最後になりましたが、発表会へとご来場頂いた方々、そして暇人WSへと参加下さった皆さん、本当にありがとうございました!


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2009-03-01 20:42 | WS・セミナー参加レポート
2/28(土)19:30~ 冬の暇人ワークショップ発表会『暇人のマラカス』@青少年学習センター・和室

一ヶ月半の間行ってきたWSも、この発表会で一区切りとなる。
一区切り、としたのは、あくまでもこのWSの目的は創作である訳で発表会がゴールではないからである(まあ、これは普通の公演でも同じことではあるのだが)。

そんな発表会であったのだが、開演後、初っ端からアクシデントが発生してしまい、表面的には平静を装っていたものの少なからず動揺してしまっていた(ただし終演後お客さんにはミスには見えなかったと言われたのがせめてもの救いか)。
その影響か、序盤はどうにも芝居が固くなってしまい、呼吸も重心も定まりきれなかった。
また、空間全体へ対しての意識付けも甘く、把握できている領域が非常に狭いために、余裕のない、最短距離の芝居に終始してしまっていた。
特に序盤の落ち気味の目線は、今思えば自らの不安定な精神面を象徴していた。

その他で全体的に感じたところでいうと、

◆もっと細かくできたポイント
・室内・外での身体の状態の差
・時間帯による身体の状態の変化
・相手役による距離感の差(りり子とその他、というざっくりとした分け方になっていた)
・物に対しての距離感(使い馴れている物いない物、思い入れのある物ない物、などが不明瞭)

◆段取り的なものにとらわれてしまっていたポイント
・テンポを気にしすぎて呼吸が定まりきらなかった
・次の行動への準備・助走をしてしまう瞬間があった
・逆に不用意な瞬間もあった
・葛藤に負けてしまい、浅いところから発してしまう台詞がいくつかあった

といったところが大きな反省ポイントであった。

ただ、打ち上げ時に藤田君からは「今日の横山さんよかったよ」と言われたし、たしかに自分もよかったと感じられる瞬間はいくつかあり稽古時に比べたら格段に前進はしていたようにも感じたが、やはりまだまだ隙だらけであることは否めないなと強く思わされてしまった。

正直言って悔しさしか残ってはいない。
が、だからこそ、上記のような反省点達から目を逸らさずに向き合ってゆきたい。


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2009-03-01 11:53 | WS・セミナー参加レポート
2/27(金)9:00~22:00
『冬の暇人ワークショップ』20日目 @青少年学習センター・小会議室→和室

【気候への印象】
●雨時々雪
・冷気が主に足下へ流れ込んできている気がする
・乾燥が和らいでいるせいか、空気が柔らかい

【空間の印象】
●小会議室
・床がとにかく冷たい
・酸素が薄い
●和室
・空調や、床の軋みの音が妙に気になった
・やっぱり低い位置に意識が集中しがちになってしまう

【稽古前の身体状況】
●心身共にゆるんでいて落ち着いている
●鼻の奥が痛い
●末端が冷たい

【本日のテーマ】
◆相手と自分の間にあるものを感じ、信じる

【レポート】
発表会を明日に控えての稽古であったのだが、まだまだ反省点は多い。

◆一つひとつのシーンが分離されていて、短編の集まりのようになってしまった
◆空間に対しての意識付けが甘く、もう一つ生活感に欠けるお客さんのような居住まいで舞台上に存在してしまっていた
◆芝居を最短距離で行ってしまう傾向あり
◆段取りに追われて見切り発車的に行動を起こしてしまっていた
◆根本の部分での意識付けが甘い

まだ他にもあったのだが、大きなところでは上記のポイントが気になった。

明日は慌ただしい1日となる事が予想される。
その中であってもこれまでの稽古で積み重ねてきたものを信じ、気負うことなく自信を持って発表会へと臨みたい。

【発表会へ向けて】
◆宿題:今日行ったことの徹底的な検証
◆テーマ:ただひたすらに「今、ここ」に存在する


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2009-02-28 00:49 | WS・セミナー参加レポート
2/26(木)9:00~22:00
『冬の暇人ワークショップ』19日目 @青少年学習センター・和室→青少年団体室→和室

【気候への印象】
●曇り時々雨
・音が鈍く聴こえる
・気温はそれほど寒くは感じないが、風が冷たい

【空間の印象】
●和室
・壁付近が寒い
・ゆったりとしていて穏やかな感じ
●青少年団体室
・空気が埃っぽい
・床が相当冷たい
●和室
・天井に圧迫感があった
・ほんのちょっと、畳が不安定に感じた

【稽古前の身体状況】
●鼻がぐずつく
●首の後ろ周りが重たい
●意識が後方ばかりにいっていて、前方への意識がぼんやりしている
●感覚的には重たい感じなのだけれども、上ついてもいる妙な感覚

【本日のテーマ】
◆瞬間瞬間を楽しむ

【レポート】
今日の稽古では、昨日の最悪の状態からはだいぶ抜け出せたような実感はあるのだが、もうひとつ決定的な何かが足りないような感覚の残るものとなった。
それが何なのか、そしてそれは元々初めから足りなかったものなのか、それともここまで色々なものが明確になってきたから気付けるようになってきたものなのかということもまだ測りかねている。
ただ、何はともあれそれに気付けたということは大きな収穫である。

課題としていた後半のシーンの方向性に関しても、おぼろ気ながら光明が見えてきたように感じるし、発表会までの残り時間をフルに生かして、最後の最後ギリギリまでただひたすらに試行錯誤を繰り返してゆこうと思う。
特に今回は、発表会に合わせて創作の作業を逆算して稽古してゆくようなことはせず、ひたすらに攻めの一手で創作をしてゆきたい。

【次回稽古(2/27)へ向けて】
◆宿題:昨日と今日の稽古で何が違ったのか、具体的に検証する
◆テーマ:相手と自分の間にあるものを感じ、信じる


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2009-02-27 01:46 | WS・セミナー参加レポート
2/25(水)9:00~22:00 『冬の暇人ワークショップ』18日目 @青少年学習センター・ホール→和室

【気候への印象】
●曇り時々雨
・ぐずついた天候ではあるが、花粉は少し舞っている
・重たい寒さ

【空間の印象】
●ホール
・広さが逆に圧迫感を感じさせられた
・意識やら音やら色々と拡散してしまう感覚があった
●和室
・暖房が頭をボーッとさせる暖かさを生んでいた
・不思議と意識が低い位置にいく

【稽古前の身体状況】
●鼻と目がすっきりしない
●腰が若干重い
●気が内に篭ってしまっている
●意識が前方へばかり向いてしまっている

【本日のテーマ】
◆モチベーションの随時更新

【レポート】
今日の稽古は本当にボロボロな、惨敗とも言える悔しい結果であった。
とにかく自分の役を根本の部分から見直さなければならないなと感じた。

もうとにかく自分の役の設定やら作品の流れにガチガチに縛られてしまっていて、完全に不自由で重く見苦しいフットワークでしか芝居を行えていなかった。
が、そのように気負いまくっているにも関わらず、集中力は非常に散漫な状態であるという、メンタル面でのコンディションも最悪の状態であった。

何故このような状態に陥ってしまったのか、これはもう単純に「役に対しての準備不足」が生んだ結果なのではないだろうか。
つまり、自分の役のことを十分に知らないから設定に頼ってしまうのではないか、ということである。
だから実のない雰囲気だけの芝居でごまかそうとしてしまったり、自分でコントロールできるような範囲内でしか芝居が行えないのではないかと思うのだ。

今日の悔しさは、必ずや次に繋げてゆきたい。
でなければ、これまでの稽古に失礼に当たってしまう。

【次回稽古(2/26)へ向けて】
◆宿題:とにかくすぐると対話する
◆テーマ:瞬間瞬間を楽しむ


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2009-02-26 01:08 | WS・セミナー参加レポート
2/22(日)13:00~22:00 『冬の暇人ワークショップ』17日目 @青少年学習センター・和室

【気候への印象】
●晴れ
・風や日差しや空気など、いろんなものが柔らかい
・空はぼんやりしている

【空間の印象】
●和室
・空気がだいぶ乾いている
・照明のせいか、だいぶ暗い印象

【稽古前の身体状況】
●鼻の奥が荒れ気味
●リラックスできている
●呼吸がゆったりしている
●テンションが妙に高い

【本日のテーマ】
◆変化に敏感に

【レポート】
今日、すぐるとりり子の終盤のシーンが追加となった。
本当に、高い集中力の要求されるシーンだ。

今日の自分は午前中に別のWSを受けてきていてかなり心身共に充実できていた状態で臨んだはずなのに、それでもまだ足りない部分が沢山あることを痛感させられてしまった。
これだけ挑み甲斐のあるシーンを与えてくれた藤田君に感謝したい。

具体的な反省点としては、

◆モチベーションを大きいところから持ってき過ぎていて、後半息切れ気味になってしまった
→目の前のりり子という存在から受け取れるものを漏らすことなく受信しながら、そのモチベーションを随時更新しつつ高まってゆかねば、きつくなってきてしまうし感情がざっくりしたものになってしまう
→ラスト付近が安易な方向へ流れてしまいそうになってしまうのは、そういったところに起因しているのだと思う
◆いくつかの台詞を後半の高ぶりに繋げるための助走に使ってしまった
→それは先読みの芝居である
→その瞬間瞬間に身を投じてゆく意識付けを徹底させる

この2点がでかかった。

やはりまだまだ詰めが甘い。

残りの稽古は3日だ。
それまでにやれることは全てやりきってしまいたい。

【次回稽古(2/25)へ向けて】
◆宿題:衣装、小道具の手配と、新しいシーンの台詞を完全に入れる
◆テーマ:モチベーションの随時更新


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2009-02-24 11:50 | WS・セミナー参加レポート
2/18(水)17:00~22:00 『冬の暇人ワークショップ』16日目 @青少年学習センター・和室

【気候への印象】
●晴れ
・花粉の飛散量が増してきている
・暖かいが、空気は乾いている

【空間の印象】
●和室
・ふすまを外したせいでかなり広く感じる
・暖房の音が何故か気にならなかった

【稽古前の身体状況】
●花粉のせいか、鼻と目がすっきりしない
●どうも腰が落ち着かない
●心身共に体重移動が重く鈍い
●頭がぼんやりしている

【本日のテーマ】
◆自分も相手も揺さぶり続けられるような意識を持つ

【レポート】
今日の稽古でも、作品の構成に大きな変更があった。

これまでの、先にエリア分けをしそれぞれの場所の役割を決め、そこを基準に組み立ててゆく『ほろほろ』形式から、とにかく極限までアクティングエリアを絞り込み、その同一エリア内で次々とシチュエーションが重なり合ってゆくという『ごほん~』や『ブルー~』に近い形式となったのだ。
まあ、近いとはいっても出演者の人数やシチュエーションの範囲や数など決定的に違うポイントはいくつもあるので、きっと最終的には似て非なるものに仕上がるのではないかと思う。

色々と紆余曲折があったものの、そのような一見遠回りに見える試行錯誤の数々は、決して無駄なものではないはずだ。
何故なら、既に完成された枠の中で与えられた役割をこなすのではなく、参加者一人ひとりが創作の過程で共に悩みながら導き出されたものである訳で、今本当に必要なことが何なのかが実感として自然と理解できた状態で作品と向き合えるためである。

マームの作品における大きな特徴としてメンバーの一体感がよく挙げられるが、おそらくはそういうところに起因しているのかもしれない。

【次回稽古(2/22)へ向けて】
◆宿題:すぐるの身の周りの物について色々と検証してみる
◆テーマ:変化に敏感に


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2009-02-19 07:57 | WS・セミナー参加レポート
2/15(日)13:00~22:00 『冬の暇人ワークショップ』15日目 @青少年学習センター・和室

【気候への印象】
●晴れ時々曇り
・視覚的には暖かそうな感じなのに、意外と寒い
・空気がクリアな印象

【空間の印象】
●和室
・いつもより畳が汚い
・何故か自分が小さく思うくらい広く感じる

【稽古前の身体状況】
●膝が突っ張っている
●首回りが重い
●呼吸が高い
●腹が少々痛い

【本日のテーマ】
◆もっと細かく

【レポート】
今日の稽古では、主に作品全体の構成を組み立てることを行っていった。

おそらく、観客に対する各々の役の時間軸の提示の仕方は、今回の構成の方が圧倒的に分かりやすいのではないかと思う。
前回までの構成でいくと、舞台上に存在している人物全員が同一の時間軸に存在しているようにも見えてしまうため、お客さんからしてみると注目すべきフォーカスが絞りにくく感じてしまう危険性があった。
が、今回の構成では早い段階でそれぞれの時間軸の差を明確に提示しており、そのフォーカスもだいぶ絞り込みやすくなっているのではないかと思う。

また、それぞれの台詞にも大幅に修正が入り、一つひとつのシーンがかなりすっきりとしたものとなったように感じる。

まあ、まだまだ改善の余地は多く残されているが、確実に作品はよい方向へと進めているだろうなという実感がある。

残りの稽古も早いものであと6日。
とにかく最後の最後まで作品を改善させてゆく事のみに没頭してゆきたい。

【次回稽古(2/18)へ向けて】
◆宿題:今日のおさらい
◆テーマ:自分も相手も揺さぶり続けられるような意識を持つ


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2009-02-16 09:42 | WS・セミナー参加レポート
2/11(水・祝)13:00~22:00
『冬の暇人ワークショップ』14日目 @大野中公民館・茶室→大会議室

【気候への印象】
●曇り時々晴れ
・空気が少しだけ濁っている印象
・まとわりつくような冷たさ

【空間の印象】
●茶室
・外の音がよく聞こえてきて気になる
・外との気候の差が大きい
●大会議室
・だだっ広い感じ
・空調の音がやたらと気になる
・寒い

【稽古前の身体状況】
●鼻が詰まり気味
●風邪は治ったものの、体力は落ちているのが実感として分かる
●肩胛骨、骨盤、首周りにロックがかかっているせいか、自分の身体なのに一体感がない
●高音の声が出しにくい

【本日のテーマ】
◆役の軽量化

【レポート】
今日の稽古はなかなか楽しかった。

というのも、前回の反省を生かして、設定などによって重くなってしまった自分の役を軽くすることを強く意識して稽古に臨んだのだが、どうも自分が認識している以上に役が馴染んでいたようで、役を軽量化させることが思いの外スムーズに行えたのだ。
もちろん、まだその移行が満足にいけてはいないシーンもあることはあるのだが、そこについても課題がはっきりしているため次に何をすべきなのかは自覚できていたりもする。

やはりこれまでの積み重ねというものは確実にすぐるという役の血となり肉となっているのだなと、つくづく実感できた。
もしかすると、役が重くなってしまうというのは、これまで行ってきた稽古を信じきれていないために引き起こされる現象なのかもしれない。
これまで積んできたものはそんなに簡単に崩れてしまうようなやわなものなのか、ということだ。

これまで行ってきた一つひとつの積み重ねに対し、もっと誇りを持っていいのではないだろうかと思う。
また同時に、自然と確固たる誇りを持ってゆけるような稽古を毎回行えるようにしてゆくことも強く意識してゆくべきであるだろう。

少しずつ、作品が形になってきていることを感じる。
大切にしてゆかねばならないものを決して忘れずに、しかし時には勇気を持ってそれらを手放すことを恐れずに、残り少ない稽古時間を過ごしてゆきたい。

【次回稽古(2/15)へ向けて】
◆宿題:役の全てに疑いを持って台本を読んでみる
◆テーマ:もっと細かく


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2009-02-12 08:08 | WS・セミナー参加レポート