演劇家・横山真が己の表現の追求・具現化のために発足したプロデュースユニット。生(LIVE)の表現にこだわり、演者から発せられる音・熱・呼吸・視覚的印象などを五感+αで感じられる作品創造を目指す。


by yukinone_makoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

10/10(金)『ごほんごほん~』 ばおばぶ公演前日

10/10(金)13:00~22:00 天候:晴れ @青少年学習センター・和室

【外界への印象】
《気候》
・気持ちよく晴れて、風も爽やか
・花粉多い?

《空間》
◆和室
・数えられるものを数えるメニューをやったせいか、空間の見え方が細かくなった
・いつもよりも静か

【稽古前の身体状況】
●股関節、膝、腰と、疲労の蓄積なのか事ある毎に痛む
●たまに咳が止まらなくなる
●花粉の影響か、鼻がむずむずする

【本日のテーマ】
◆役としてただ存在する

【本日の稽古レポート】
本日の稽古は、まず一昨日のフィードバックから入った。
初日の2ステの事は当然の事ながら、駅からカフェまでの道中の事までを細かく思い出し、それらの経験を如何にしてばおばぶ公演に繋げられるかの意識の共有を計った。

そこで出てきた反省点の中でも大きかったのはやはり「空間や客席の空気と喧嘩して段取りにとらわれすぎていた」という点であった。
自分の感じていた事と全く同じ事を他のメンバーも感じていた、という点を確認できただけでも、この話し合いは価値があったと思う。

さて、今日の稽古はそれを踏まえての稽古となった訳だが、そこで自分にとってかなり大きな発見が2つあった。

ひとつは、どうやら安易にシーンの状況に対して判断を下していたポイントがあった事。
たしかにその設定でも繋がる事は繋がるのだが、それを作品全体として見た時に歪みが生まれている事に気付いたのだ。
下手に状況設定がスムーズに相手役と共有できてしまったために、そこについての推敲を怠ってしまった事が原因のようだ。

もうひとつは、どうにもうまくいかなくなっていたシーンがひとつあったのだが、その原因として、色々と追求してゆくうちに本来重んじるべきものまで抜け落ちてしまっていたのだという事に気付けた事。
ネタにはしたくないし、かといってキャラで押したくないのに、間の事や台詞の発し方にばかりとらわれてしまうという、色々と矛盾した状態になっていたのだ。
何かの目的を持った人間がただ全力でもがいている姿が滑稽に見えるだけなのに、その目的部分が思いきり浅い部分だけになっていたのだから、しっくりくるはずがないのも頷ける。

以上の2点に気付けて、前半部分がかなり楽になれた。
おそらく、稽古を重ねてゆくうちに役にのめり込み過ぎてしまい、自分自身で事態を複雑にしていたのだろう。

今、芝居というものの怖さと、その醍醐味を味わせてもらえている実感が強くある。
その状況に感謝しつつ、明日のばおばぶ公演に臨もうと思う。


【ばおばぶ公演へ向けて】
◆宿題:身体のケア
◆テーマ:まず、楽しむ


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2008-10-11 00:41 | 稽古場日記