演劇家・横山真が己の表現の追求・具現化のために発足したプロデュースユニット。生(LIVE)の表現にこだわり、演者から発せられる音・熱・呼吸・視覚的印象などを五感+αで感じられる作品創造を目指す。


by yukinone_makoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

10/6(月)『ごほんごほん~』 本番2日前(第2回通し)

10/6(月)10:30~22:00(通し・20:10~) 天候:雨のち曇り @青少年学習センター・和室

【外界への印象】
《気候》
・雨の割には乾いた空気

《空間》
◆和室
・空間に慣れてきているのか、非常に居心地がよい
・他の部屋の団体の音がかなり聞こえてきた

【稽古前の身体状況】
●声帯がかなり疲労している
●腰が重い
●何となく、ふわふわしている
●異様に音に対して敏感

【本日のテーマ】
◆手放す

【本日の稽古レポート】
本日、公開通し以来初の通し稽古を行った。
出来としては、これでもかというくらい反省点ばかりの仕上がりであったのだが、だからこそ明日に繋がる通しとなれたと思う。

今日一番感じたのは、役者全員が己の役に重装備を施しすぎていて、後半のラストに向かってゆく毎にどんどんシリアスになっていってしまっている事。
そのために作品からはライブ感が著しく失われ、雰囲気だけで物語が進行してしまっていたのだ。

今回の作品は、別に大それた事を社会に向けて発信しようとか、そういう作品ではない。
ならばもっと個人的なところから言葉は出てきてもいいはずだし、一つひとつの行動に対するモチベーションだってもっとチープであってもいいはずだ。

今、役者全員が作品を背負いすぎている気がする。
だから、説教臭いのだ。

前半は非常によい流れが生まれていたし、皆その流れをうまく利用しながら乗っていけていたのだから、この後半の終息に向かってしまっている変な空気感が解消できれば、相当面白い作品になると自分は確信している。

とにかく最後まで駆け抜け切れるだけの周到な準備と強い覚悟を持って、本番前最後の稽古に臨もう。


次回稽古は10/7(火)です。

【次回稽古(10/7)へ向けて】
◆宿題:身体のケアの徹底
◆テーマ:役の軽量化


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2008-10-07 01:11 | 稽古場日記