演劇家・横山真が己の表現の追求・具現化のために発足したプロデュースユニット。生(LIVE)の表現にこだわり、演者から発せられる音・熱・呼吸・視覚的印象などを五感+αで感じられる作品創造を目指す。


by yukinone_makoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

10/4(土)『ごほんごほん~』 本番4日前

10/4(土)13:00~22:00 天候:晴れ @大野中公民館・茶室

【外界への印象】
《気候》
・日差しが強く、日向がめちゃくちゃ暑い
・花粉が舞っている?

《空間》
◆茶室
・とにかく日向が暑い
・空気がよどんでいる

【稽古前の身体状況】
●花水が止まらない
●瞼が重い
●腰が痛い

【本日のテーマ】
◆役の軽量化

【本日の稽古レポート】
今日は花粉症の症状が出てしまい、酷く集中力を欠いた状態での稽古になってしまった。
ベストパフォーマンスが出来ない状態で舞台上に上がるというのは、どんな事情があれ許される事ではないし、そんな個人的な事情などははっきり言ってお客さんからしてみれば全く関係のない事である。
今日のような事態を防ぐためにも何らかの対策を立てておく必要があるだろう。

さて、稽古内容の方に話を移すと、キャスト陣の自らの役に対する理解は各々で確実に深まってきているのだが、まだまだ相対的な部分では、つまり関係性という部分で甘さが残っているように感じる。
具体的に挙げてみるならば、

◆役の時間の流れ方が相手役に同調してしまいがちで、相手役との力関係や距離感がどの役の組み合わせでも似たりよったりになってしまう
◆役として持っている他の役に対しての興味の比重が均等になりがち
◆次の行動へのモチベーションを全体の雰囲気に求めてしまい、直前に起こった現象を流してしまう瞬間がある

といった感じである。
もはや一人だけでプランを立てて全体の流れを把握して、、、などといった創り方をしていても全く意味をなさない。
それよりも、とにかく目の前に存在する人との間に生まれた、今まさにこの瞬間に感じるものを、作品へと繋げてゆく事が重要になってくるのだと思う。

初日まで残りは3日。
悔いの残らないよう、今の自分ができる最高を、この作品へとぶつけてゆこう。

次回稽古は10/5(日)です。

【次回稽古(10/5)へ向けて】
◆宿題:今日の稽古の復習
◆テーマ:全ての動機を舞台上に求める


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2008-10-05 01:23 | 稽古場日記