演劇家・横山真が己の表現の追求・具現化のために発足したプロデュースユニット。生(LIVE)の表現にこだわり、演者から発せられる音・熱・呼吸・視覚的印象などを五感+αで感じられる作品創造を目指す。


by yukinone_makoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

9/6(土)『ごほんごほん~』 稽古16日目(公開通し)

9/6(土)14:00~22:00(公開通し稽古 20:00~) 天候:曇り時々雨 @大野中公民館・茶室

【外界への印象】
《気候》
・暑くて、重い
・空がなんとなく暗い
《空間》
◆茶室
・畳の高さが不揃いな感じがして、座った時などに少々気になった

【稽古前の身体状況】
●鼻がムズムズする
●咳が出る
●頭が重い
●身体が暖かい

【本日のテーマ】
◆“ぱっ”と動く

【本日の稽古レポート】
今日は公開での通し稽古。
ありがたい事に10名近くの方に集まって頂く事ができました。
ご来場下さった皆様方には心より感謝致します。

こういった試みは本当に有意義な試みであると思う。
今の作品において何が問題であるのかが直の反応で返ってくるので、次にクリアすべき課題が実感として明確になってくるのだ。


通し稽古自体が初めてではあったためか、全体的に芝居が硬かったように感じた。
まあ、一番硬かったのは自分だったような気もしたのだが、、、(苦笑)

本日の通し中に気付いたポイントは以下の通り、

◆台詞を発する際の、首や手や膝でリズムを取る癖が随所に出ていた
◆ミスを恐れてか、芝居に予測が混じってしまう瞬間がいくつかあった
◆自分の一つひとつの芝居や相手役に対し、前のめりに向き合ってしまった
◆シーン毎の身体の切り替えが遅い

こうして見てみると、全て一人で芝居をしてしまっている時に見られる傾向である。

守るほどのものなんか何もないのに、何故か守りに入ってしまったようだ。
せっかく掴みかけていたよい兆候を、気負いによって逃してしまったように思う。


漫画『バガボンド』の中で、

「やらかくなるのは自信、かたくなるのは気負い」

という台詞があるのだが、まさしくその通りなのだと思う。

そのためにも、残り一ヶ月をかけて準備を徹底的に行なってゆこう。


次回稽古は9/9(水)になります。

【次回稽古(9/9)へ向けて】
◆宿題:シーン毎の身体の切り替わりについての確認作業
◆テーマ:不安定を力に変える


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2008-09-07 22:07 | 稽古場日記