演劇家・横山真が己の表現の追求・具現化のために発足したプロデュースユニット。生(LIVE)の表現にこだわり、演者から発せられる音・熱・呼吸・視覚的印象などを五感+αで感じられる作品創造を目指す。


by yukinone_makoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

8/30(土)『ごほんごほん~』 稽古13日目

8/30(土)18:00~22:00 天候:雨時々曇り @大野中公民館・和室

【外界への印象】
《気候》
・べったりとした嫌な暑さ
・暗い
《空間》
・こぎれい
・とても落ち着く
・外の音も程よく聞こえてくる感じで、なんとなく心地よい

【稽古前の身体状況】
●右側の胸からあばらの辺りが少しだけ痛む
●喉が若干荒れている
●腰が重い

【本日のテーマ】
◆シーン毎の感情や身体の状態を一色に染めない

【本日の稽古レポート】
これが4日連続稽古の最終日。
徹底的に兄妹というものに向き合ってきた4日間だった訳だが、その甲斐もあってかなり兄妹像が具体的に立体的に仕上がってきたように感じる。

毎回感じている事だが、藤田君の演出はとにかく役者へ仕掛けてゆく“動”の演出だ。
とにかく様々な事を仕掛け、試し、動きながら、その瞬間にその場で生まれたものを捕まえ、構成してゆく。
その仕掛け具合がまた絶妙の匙加減であるため、各々の役者が実にスムーズに、無理なく己の役と適切な距離を測れるようになってくるのだ。

タイプが違うとはいえ自分は彼の「役者の持ち味を引き出す能力」に対し嫉妬すら感じてしまう。
それはつまり逆に言うならば、それくらい彼の演出は役者からしてみると信頼できるという事だ。

だからこそ、負けないようにしたい。
役が身体に馴染んできつつあるのだから、自分からももっともっと周りへ刺激を与えてゆこう。
ただし、作為的になる事にだけは当然の事ながら気を付けつつ、ではあるが。


次回稽古は9/3(水)になります。

【次回稽古(9/3)へ向けて】
◆宿題:バックボーンをもっと明確にしてゆく
◆テーマ:兄妹と、それ以外の人との距離感


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2008-08-31 01:08 | 稽古場日記