演劇家・横山真が己の表現の追求・具現化のために発足したプロデュースユニット。生(LIVE)の表現にこだわり、演者から発せられる音・熱・呼吸・視覚的印象などを五感+αで感じられる作品創造を目指す。


by yukinone_makoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

4/23(水)『ドコカ遠クノ~』 稽古18日目(第1回通し)

4/23(水)9:00~22:00(通し稽古/20:20~)  天候:晴れ

【本日の身体状況】
●鼻が止まらず、呼吸も浅い
●若干の頭痛と腹痛
●まれに耳鳴りがする

【本日のテーマ】
◆言葉を発する事の怖さを味わいながら、それを乗り越える強い動機を持つ

【本日の稽古レポート】
本日は初の通し稽古であり、前期の稽古の最終日でもある。
にも関わらず、そんな大切な日を体調が最悪の状態で迎える事になってしまった。
これは非常に情けない事であるし、あってはならない事だ。
しかし起こってしまった以上はこの事に対しては潔く受け入れ、その上で如何に稽古へと挑むかを考えるようにした。
もちろん、体調を崩してしまったという反省は今後にも生かしてゆく事も忘れてはいけない。

今日も昨日と同様朝イチからの稽古。
自分のシーンの稽古も昨日に引き続き時間をとってもらい集中的に行ったのだが、昨日に比べて空間に対する把握力や他者の見え方もだいぶ変わってきて、台詞一つひとつの動機付けについても遥かに具体的になってきた。
がしかしここで、今の自分の役に対しての準備量ではこれより先に進む事は厳しいのではないかという事に気付いた。
もちろん今のままモチベーションを強く持ち身体の状態を高める事はできるのだが、そうしてみた時、役としての身体と現状の自分の身体とのズレが感じられてしまうようになってきたのだ。
今後の課題として、そこのギャップを埋める作業を中心に行ってゆきたい。
また、藤田君にも指摘された強い声や高い声を発する際に見られる自分の癖のようなものの解消法も同時に探ってゆきたい。その癖が観客へと与える印象は、今回の自分の役にとっては致命傷になりかねないのだ。

さて、本日夜にいよいよ通し稽古を行った。
台本の脱稿が4日前にも関わらず全員が完全に台本を放した状態で、しかも非常にきっかけの多い作品でありながら誰もその段取りに囚われず思い切り作品へとぶつかれていたところに、この座組の高い意識が伺えた。
もちろん作品としてはまだまだ詰めなければならない点だらけだが、これから本番までの約2ヶ月間という時間が楽しみに思えるような通し稽古となれた。
この状況を見ている限り、後期稽古の再開時に作品の質は落ちている事にはそうそうならないのではないかと思う。
逆に、これからの約1ヶ月という期間で作品がどう熟してゆくのかがとても楽しみである。

個人的にも、前期の稽古期間中に通せた事は非常に大きかった。
これまで断片的に行ってきた稽古の1ピース1ピースが組み合わさって、作品の全体像を皮膚で感じる事ができた。
この1ヶ月間の自分の課題がかなり具体的に挙がっているので、おそらくは「ブランク」といった感覚にはならず、むしろあっという間に1ヶ月経ってしまうのだろうと思う。


次回の稽古場日記ですが、おそらくは6/4(水)の更新となるかと思います。
しかし、自主稽古の様子ももしかしたら更新するかもしれません。


【後期稽古へ向けての宿題】
◆役についての準備の徹底
◆作品上の設定に対するリサーチ
◆強い声、高い声を発する際に見られる自分の癖の解消法
◆己の身体の徹底的なケア及び強い身体の獲得のための訓練
◆この期間中も共演者となるべく接点を持つようにする


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2008-04-24 19:21 | 稽古場日記