演劇家・横山真が己の表現の追求・具現化のために発足したプロデュースユニット。生(LIVE)の表現にこだわり、演者から発せられる音・熱・呼吸・視覚的印象などを五感+αで感じられる作品創造を目指す。


by yukinone_makoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

4/21(月)『ドコカ遠クノ~』 稽古16日目

4/21(月)17:30~22:00  天候:くもりのち晴れ

【本日の身体状況】
●偏頭痛気味
●下半身が重い

【本日のテーマ】
◆相手を見る

【本日の稽古レポート】
最近はあまりなかったのだが、元々気圧の変化に影響されやすいため、今日みたいな日には偏頭痛が起こりやすい。
とはいえそれほどの痛みではなかったためか、さほど稽古には支障は出なかったのだが、本調子でなかった分気を抜かないでられたためなのか、逆によい緊張感をもたらしてくれた。
や、「ものは考えよう」とはよく言ったものだ。

という訳で、今日は作品と向き合うのにほどよい感じの緊張感を持てていたので、役に対しての発見がとても多かった。
それほど考えたりせずともすんなりと作品の流れに乗れた――流されず、逆らわず、適切な力の分量で流れに乗る事ができた――ため、“今”に殉じ続けられる状態でいる事ができた。
やたらと仕掛けたがるいつもの悪い癖も出ず、かといって受け身という訳でもない、非常に絶妙なバランスで送受信の綱引きが行われていたように感じた。
今日のこの感触はしっかり自分のストックに入れておこうかと。

また、今日テーマに挙げていた「相手を見る」という事もよい方向に作用したのだと思う。
コミュニケーションの基本中の基本のはずなのに、意識してみると普段どれだけ人の事を見ていないのかを痛感した。
お陰で如何にこれまで独りだけで芝居をしてきたのかを伺い知る事ができた訳で、、、
こちらも当然、しっかりと自分のストックに入れておこう。

明日の朝は自分の役のシーンを抜きで重点的に稽古する。
時間も9:00からで大変だが、それだからこそ準備も入念に行った上で稽古へと挑もうかと。

なお、明日なのですが、稽古そのものはあるのだけれどもネットを繋ぐ事ができないため、明日明後日の稽古場日記の更新は明後日に2日分まとめて行います。


【次回稽古への宿題とテーマ】
◆宿題:疲労が蓄積してきているので、身体のケアを徹底的に行う
◆テーマ:本日に引き続き「相手を見る」


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2008-04-22 00:57 | 稽古場日記