演劇家・横山真が己の表現の追求・具現化のために発足したプロデュースユニット。生(LIVE)の表現にこだわり、演者から発せられる音・熱・呼吸・視覚的印象などを五感+αで感じられる作品創造を目指す。


by yukinone_makoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

1/14(月) 『一言主の神』 稽古9日目

1/14(月)18:30~22:00 @10-BOX box-3

【外界への印象】
《天候》
●大雪
・とにかく雪、雪、雪。歩くのがやっとな感じ
《空間》
・なんだか狭く感じる

【稽古前の身体状況】
・左膝が猛烈に痛む
・腰も重い
・呼吸が浅く、声も張りがない
・右目が痛む
・猫背

【今日のテーマ】
◆役として、どう立つか

【ふりかえり】
本日は、大雪の影響もあってメンバー全員が集まれず、当初予定していた通し稽古を行うことができなかった。
なので前半は衣装合わせ(装飾品などの小物の割り振りなど)を中心に行い、後半で未消化部分の確認と共有、そして解消のための返し稽古を軽く行う感じで稽古そのものも早めに切り上げることとなった。

個人的に、まだ言葉がもうひとつ身体へと馴染みきれていないのを感じているため、正直に言えば早めに通しを行って全体像を見渡せる状態にだけでもしておきたかったところではあるのだけれども、しかしできないものはできないので仕方ない。
まあ、前向きに考えてみれば前日まで丸福ボンバーズの本番を行っていた身なのでその疲労の蓄積もあるだろうから、軽めの稽古で早めに切り上げ、身体のケアを徹底的に行えるチャンスができたともいえる訳だ。

どうにもならないことに未練を残してやれることをやれないのが一番よくないことだし、今のこの与えられた条件の下でベストを尽くすことだけを考えてゆこうと思う。
通しができなくなったわけでもなし、ならばその通しで最大の成果をあげられるように今を過ごすことを考えればいいのだ。

本番までの残り稽古はあと3回。
一瞬一瞬を無駄にせず、しっかり生きた時間とできるように務めたい。

【次回稽古(1/15)に向けて】
◆宿題…行動一つひとつの整理
◆テーマ…強度ある身体


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2013-01-16 16:46 | 稽古場日記