演劇家・横山真が己の表現の追求・具現化のために発足したプロデュースユニット。生(LIVE)の表現にこだわり、演者から発せられる音・熱・呼吸・視覚的印象などを五感+αで感じられる作品創造を目指す。


by yukinone_makoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

1/8(火) 『一言主の神』 稽古5日目

1/8(火)18:30~22:00 @10-BOX box-6

【外界への印象】
《天候》
●晴れ
・「底冷え」という表現が似合うような強烈な寒さ
《空間》
・床が冷た過ぎる

【稽古前の身体状況】
・身体全体が重く、また硬い
・意識のフォーカスを何故か絞りにくく、注意力が散漫
・猫背
・どうも動きがコンパクトに収まってしまいがち
・前方への意識ばかりでそれ以外へのアンテナが鈍い

【今日のテーマ】
◆口だけにならず、身体で言葉を発する

【ふりかえり】
本日は、キャストが全員揃わなかったこともあり、おさらいを兼ねてこれまでに創ってきたシーンを役者間で細かく打ち合わせつつ問題点をひとつずつ虱潰しに解消させてゆく形で行っていった。

今回の作品は、アクティングエリアの割に人数も多く、また、動きそのものもかなり激しいためそれ相応の綿密な打ち合わせが必要になってくる。
なのでどういうところでどのような連携が必要となってくるのか、というしっかりとした交通整理が重要になってくる。
つまりは各俳優がそれぞれ自分の持ち場だけを把握していればいいという訳にはいかず、一人ひとりが空間の全体像を把握した上で自らの役割を果たしてゆこうという意識付けが徹底されていなければならないのだ。

雰囲気でなんとなく、は必ずや命取りとなる。

ふと思ったのだが、この感覚、詰め将棋に似ているような気がする。
まあ、正着手なんてものは演劇創作においては幻想でしかなく、打つべき手は無限に存在しているのだから厳密に言うならば詰め将棋などとは全然違うものではあるのだが、しかし、「これでいこう」とした後の道筋の組み立て方や、一手のミスが命取りとなってしまうところなどは非常にそっくりであるなと思うのだ。

だからこそ、舞台上において自らのとる一つひとつの行動には必然性を持たせて行ってゆくことが必要となってくる。

翻って、自らを省みてみると、まだまだ突き詰め方が甘いように思う。
もっと細かく、もっと徹底して、気の入っていない瞬間を一瞬たりとも作らぬよう取り組んでゆこうと思う。

【次回稽古(1/9)に向けて】
◆宿題…今日の変更点のおさらい
◆テーマ…肚を決める


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2013-01-09 17:17 | 稽古場日記