演劇家・横山真が己の表現の追求・具現化のために発足したプロデュースユニット。生(LIVE)の表現にこだわり、演者から発せられる音・熱・呼吸・視覚的印象などを五感+αで感じられる作品創造を目指す。


by yukinone_makoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

8/29(水) 『方丈の海』本番前日

8/29(水)20:00~22:30(ゲネプロ) @10-BOX box-1

【外界への印象】
《天候》
●曇り
・ゆったり穏やか
《空間》
・空間の中にあっての自らの声のあり方のようなものが見えてきた
・タッパの割に大きなものがなかったり床が白を貴重にしていたりで、どうも目線が下へと引っ張られがちな気がする
・ちょっと埃っぽい?

【稽古前の身体状況】
・喉というか肺というかがいがいがしててやたらと咳が出る
・相変わらずの腰の痛さ
・左足のふとももの筋が痛む
・猫背
・目線が下がりがち

【今日のテーマ】
◆いま、ここ

【ふりかえり】
本日本番前最後の稽古にしてゲネプロ。
今日はもうとにかくこれまでの積み重ねを信じ、その場その場で生まれたものに身を委ねてみるつもりで一つひとつの芝居に臨んでいった。

ここまでくると、本当に些細なところでの捉え方の変化で観ている側の印象ががらっと変わってしまう。
や、大枠の部分では確かな芯のようなものはあるので受け取る印象にそこまでのブレはないのだが、その深みの部分では、ほんの僅かな変化が、大きな違いになってゆく。

今日もそうであった。

前日までの稽古で生じてきていた戯曲に描かれているものと実際に立ち上げたものの微妙なズレが知らず知らずのうちに大きくなってきていて、どうにもしっくりとこなくなってきていたのだが、それを石川さんからの指摘によって役者全員がそのことを強く意識付けして臨むようにしてみたら、これまでのつっかえが嘘のようにすっきりと通ったのだ。

こういうことがあるから芝居ってのは面白いし、果てがないのだと思う。

今回の公演は、休演日も挟んで10日間行われる。
小劇場としては比較的長い期間行われる訳だが、そんな中でも今回のようなことは度々起こるかもしれない。
もしかしたら、千秋楽を終えてから気付くことだってあるかもしれない。
しかしたぶん、それが健全な姿なのではないかなと思う。

「これでいいや」と思った瞬間から、その作品は死んでゆく。
どこまでいっても途中経過なのだ。
それは、千秋楽であっても例外ではないはずで、完成なんかない。
そしてだからこそ、完成を目指し最後の最後まで、前を向いて歩み続けてゆくことが必要なのだと思う。

【備忘録】
・襤褸とのシーンは、これまでの中で最もいい感触を得られた気がする。但しそれはトータルな面でよかった、というだけで、細かなところでは改善点はまだまだある(気持ちがやや前のめりなために反応が僅かに予測になっていたり、とか)。つまりは、向上の余地はまだまだ沢山あるということだ。ならば前進することを躊躇う理由はない。どんどんと挑んでゆこう。

・「北国の春」の唱和のシーン、立ち位置についてもそうだけれども、小節の心境についてももうちょい交通整理が必要かも。ちょっとなりに任せ過ぎな感じはするので、そこへ小節自身の意思もちゃんと込めてリアクションをとる必要があると思う。

・ラストの小節のシーン、泥臭さはあれくらいあった方がいいとは思う。が、あれではちょっとごちゃごちゃし過ぎな感もあるので、あの質感は保ちつつ、整理できるところは整理整頓して(但しそれはスマートにやることではない)臨むようにしたい。

明日は公演初日です。

【本番へ向けて】
◆宿題…身体の調子を整える
◆テーマ…深い呼吸のできる身体で


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2012-08-30 12:01 | 稽古場日記