演劇家・横山真が己の表現の追求・具現化のために発足したプロデュースユニット。生(LIVE)の表現にこだわり、演者から発せられる音・熱・呼吸・視覚的印象などを五感+αで感じられる作品創造を目指す。


by yukinone_makoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

7/23(月) 『方丈の海』稽古42日目

7/23(月)20:00~23:00(第1回目通し) @卸町イベント倉庫

【外界への印象】
《天候》
●晴れのち曇り
・雨の匂いがする
《空間》
・何故か実際の明るさよりも暗いような印象を受ける

【稽古前の身体状況】
・右の腰から股関節の辺りにかけてがきりきり痛む
・少量の痰の絡んだ咳が時折激しく出る
・左足のふくらはぎの辺りが張っている
・首の左側から左肩にかけて、筋が突っ張っている感じがする
・何だか身体の中の熱が色んなところで停滞してるようで、どうもすっきりしない

【今日のテーマ】
◆今、ここ

【ふりかえり】
本日、初めての通し稽古を行った。

正直、驚いた。
初の通しだというのに、ほとんどの役者が、これまでの抜きで行ってきた稽古よりもいい状態で臨めていたからだ。

そうか、これが劇団で長く一緒にやってきていることの強みなのかと、そんなことを感じさせられた通しであった。
それが意図してのことなのかどうかはわからないが、追い込むべきポイントをお互いで共有し合えていて、しかも一人がよくなることによって連鎖的に他の役者もそれに刺激を受けてかよくなってくるのだ。

別に一緒に創作をする上では勝ち負けなんてないし、そんなことはどうでもいいことではあるとは思う。
が、しかし、役者同士競い合うことでお互いに刺激を与え合いモチベーションを高めることができる座組というのはとてもいい創作現場を築けていることの表れであると思うし、より高いクオリティの作品を生み出すことのできるきっかけも生まれ易いはずなのだ。

こういういい座組に自分も混じって創作が行えていること。
そのことに感謝しつつ、今後は更に攻めの姿勢で、創作へと臨んでゆくようにしたい。


さて、自分個人としては通してみてどうであったのか、というと、入りはなかなかよかったものの、途中、物語中盤の、これまでほとんどミスをしたことのないようなところで何故か躓いてしまい、後半部へ入る直前まではかなり散漫な集中の状態のままで芝居を行ってしまっていた。
が、それによって危機感が強まったためか、後半の長台詞のシーン以降はこれまでで一番出来がよかったのではないかと思える内容であった。

なのでトータルとしてはまあシーン毎の出来のムラも多かった訳だし、いかにも初通し、って感じの出来であったのではないかなと思っている。
通し後のダメ出し時に石川さんは名指しで褒めて下さったが、たぶんそれはよかった部分の方を評価して頂いたが故のことなのだろうなと思う。
なので褒められたことは素直に喜んでいいとは思うが、課題がなかった訳では決してないのだということを忘れてはならない。


それにしても、ほんとこの本番まで一ヶ月前以上も残している時期に通すことができてよかったと思っている。
通してみた事で今の自分に足りないものがかなり明確になったし、全体像が見えてきたので現時点での課題をかなり具体的に洗い出す事もできたからだ。

こんなにも日数を残していて、作品がこの先どのように転がってゆくのかがいい意味で全く読めない状態の中で稽古へと臨むことができる。
これって俳優としてはとても贅沢な状況なのだと思う。
それだけに、手を抜くことなく今後も前のめりの姿勢で攻め続けてゆきたい。

【備忘録】
・2回目の小節の登場のシーン、今日はあのシーンがこれまでで最悪の出来といっていいくらいに散漫だった。台詞も持ち過ぎていたし、相手のことをちゃんと見ることも聞くこともできていなかった。たぶん今、あのシーンが一番曖昧にしていることが多いシーンだと思う。特に後半部分とのすり合わせがうまくいってなくて、以前の小節の芝居の名残が時たま出てきたりもしてしまうし、一番宙ぶらりんなシーンである気がする。明日からの稽古休みの期間を使って、この曖昧な部分の解消を行っておこうかと。

・今日の小節の長台詞のシーンはとても身体からの衝動に従えていていい出来ではあったと思う。但しあのやり方だとたぶん楽日まで身体がもたないだろう(体力的に、というよりはいずれ確実に怪我を誘発するであろう動きなので)。なのでもう少し動きに工夫を施してゆくようにしたい。おそらくあの動きの代わりを探すという発想でやるのではなく、あの動き以上に小節の衝動を引き出せるような動きを探ってゆく心構えで臨んでゆく方がいいのかなと思う。

次回の稽古は7/29(土)になります。

【次回(7/29)稽古に向けて】
◆宿題…身体を労わる
◆テーマ…手放し、循環させる


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2012-07-24 03:23 | 稽古場日記