演劇家・横山真が己の表現の追求・具現化のために発足したプロデュースユニット。生(LIVE)の表現にこだわり、演者から発せられる音・熱・呼吸・視覚的印象などを五感+αで感じられる作品創造を目指す。


by yukinone_makoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

4/27(金) トレーニング稽古11日目

4/27(金)20:00~22:00 @10BOX box-3

【外界への印象】
《天候》
●くもり時々雨
・湿気が高くてベタつく
《空間》
・視覚的印象:黒い壁が妙にすっきり落ち着いて見える
・音:となりのお洒落な曲が結構耳についた
・その他:だいぶ落ち着いて、、というより、居心地がだいぶよくなってきた

【稽古前の身体状況】
・首がガッチガチに固い
・下半身が重い
・にも関わらず、少し身体はふわふわしてる
・声帯の荒れは落ち着いてきたものの、まだすんなり声が出ない気がする
・猫背

【今日のテーマ】
◆受け取ったものを、気持ちよくパスする

【ふりかえり】
今日の稽古では、敢えて立った状態で稽古をしてみた。
発表会自体はドラマリーディング形式で行うわけなのだが、今ひとつお互いの距離感や、呼吸や間のようなものを掴みきれず、ただただ雰囲気だけでやりとりをしているような状態であったために試しにということで行ってみた訳だ。

やはりというか何というか、やってみただけの甲斐はあった。
一つひとつのやりとりに、血が通ったような実感が持てたためだ。
しっかり相手と関わらなければやりとりが成立しないということが、目に見える形で分かる訳だから、まあ、当然と言えば当然の結果なのかもしれない。

自分としても、どこの台詞を持ち過ぎていたのかといった昨日の反省点をより明確な形で見分けることができたし、また、どうしても相手役との呼吸が噛み合いきれなかったようなやりとりの部分も、実際に相手と向き合いぶつかり合ってみることでだいぶ整理がついた。
特に、どうしても役が自らの身体に馴染んでこなかったBチームの役についても、ようやく「こういうことか!」とばかりに腑に落ちる瞬間がいくつもあって、本当にやれてよかった。

お陰で今の自分に何が足りないのかが見えてきて、それに伴って漠然としていた役の課題がかなり鮮明に浮かび上がってきたので、次に打つべき手もだいぶ絞ることができてきた。
手探り状態で何から手をつけたらいいのかが分からなかった時に比べたら、今のこの苦しみは楽しさすら感じるくらいに闘志満々で向き合うことができる苦しさだ。

まあ、とは言っても決して楽になった訳ではない。
手探りの時とはまた違った苦しみだし、要求されるものも違ってくる。
消耗具合はさらに増すかもしれない。
なので決して気は抜いてはいけない。

第一、自分はスケジュールの都合で稽古を行えるのは30日の発表会前の僅かな時間だけだ。
だから決して状況はいい訳ではない。むしろかなり悪い。

が、そうは言ってももうそれは既に決まっている事実なので、その中で悪あがきをしてゆくしかないと思う。
やれることはいくらでもあるはずだし、やらなければならない。

出せるもんは全て出し切る。
その中からでしか得られるものなんかないんだってことを忘れてはならない。


次回の稽古(発表会)は4/30(月)になります。

【発表会(4/30)稽古に向けて】
◆宿題…今日の課題に対し、発表会前の稽古でクリアできるだけの目処を立てられるようにする
◆テーマ…身体で動き、応ずる


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2012-04-29 00:21 | 稽古場日記