演劇家・横山真が己の表現の追求・具現化のために発足したプロデュースユニット。生(LIVE)の表現にこだわり、演者から発せられる音・熱・呼吸・視覚的印象などを五感+αで感じられる作品創造を目指す。


by yukinone_makoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

12/15(木) 『少女Aの帰還』 稽古10日目

12/15(木)18:30~21:30 @岩戸公民館・会議室

【外界への印象】
《天候》
●晴れ
・気持ちのよい空の澄み具合
《空間》
●会議室
・視覚的印象:天井が意外と低いってことに気付いた
・音:人数が少ない時には意外と残響が残るんだってことに気付いた
・その他:一段と乾く

【稽古前の身体状況】
・視野が狭い気がする
・肩胛骨周りがかなり凝っている
・腰が張っている
・但し重心は多少低く持てている
・眉間で意識の流れが止まっちゃってる気がする(上方に対する)

【今日のテーマ】
◆身体で考え、身体でやってみる

【ふりかえり】
ようやく停滞期を脱して身体も動き始めてきたなという実感が持ててきた。
やはりこれまでの自分の取り組み方に停滞の元があったようで、切口を変えてみたことが効を壮したようだ。

これまでの自分は、役の心理を追うことばかりにとらわれて、あまり身体のあり方の方には意識を割いていなかった。
まあ、心理を追うこと自体はそれほど悪いことではないと思う。
しかしそればかりになってしまうと、それが自分のやり易い間なのかそれとも役として必要な間なのかの境目が見え難くなってしまうため、非常に危険な発想だということに気付いたのだ。

なので、今日の自分は徹底的に身体で考え、身体で動くことを意識して稽古に臨んだ。
お陰で今日の稽古では、身体に委ねて動いた結果から自らの心理を導き出す、というサイクルが無理なく生まれてきていて、それが自分の思考リズムにもフィットしているのだな、ということにも気付くことができた。
現に、今日の稽古場での自分の居住まいは、かなり肩の力の抜けた程よい緊張感を保てていたように思う。
これはとても価値ある変化だ。


が、当然のことながら、ここで安心できるはずはない。
まだ自分は、やっと他の出演者達と同じ土俵に上がれた、という段階なのだということを自覚しておかねばならない。

ここからが勝負だ。

いつも言っていることかもしれないが、しかし今回が一番そのことを実感している。
何故なら今回は、消極的な意味合いでの勝負ではなく、攻勢に打って出るための勝負だからだ。


明日からの稽古が、本当に楽しみだ。
それだけに、そこへ向けての準備は怠らぬよう心掛けたい。


【備忘録】
・今日は声を張り上げるポイントではやや過剰なくらいの声量で飛び込んでみたが、次回からはそこで感じたものを頼りにしつつ、細かく具体的に立体的に声を仕上げてゆきたい。
・そろそろ目線を整理してゆく段階(例:ある程度の法則性を持たせてみる、アクセントをつけるポイントをいくつか決めてみる、など)に入ろうかと思う。もちろん今後も色々と新たなことを試すのも止めないで、だが。
・今のややケレン味を持たせている自らの声に、如何にして繊細さを盛り込めるか、色々と探ってみる。
・強度のある身体。
・役の身体的特徴について。
・それぞれの役に対しての距離感。

ちなみに、これから取り組もうと考えていることについての表現を無機質な表現にしているのはわざとで、それくらいの意識付けで臨まねばたぶん自分は中途半端になってしまう気がするので、上記のような表現を採ってみた。


次回の稽古は12/16(金)になります。

【次回(12/16)稽古に向けて】
◆宿題…身体のケア
◆テーマ…ためらわず、且つ繊細に


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2011-12-15 23:28 | 稽古場日記