演劇家・横山真が己の表現の追求・具現化のために発足したプロデュースユニット。生(LIVE)の表現にこだわり、演者から発せられる音・熱・呼吸・視覚的印象などを五感+αで感じられる作品創造を目指す。


by yukinone_makoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

5/6(金) 「PLAY FOR JAPAN. PRAY FOR YOU」本番前日(小屋入り)

5/6(金)10:00~22:00(場当たり:19:00~) @王子小劇場

【外界への印象】
《天候》
●曇り
・生温いようなでも風には若干の冷たさも混じっているような妙な感覚
《空間》
●王子小劇場
・視覚的印象:観客として訪れていた時よりもだいぶ狭く感じた
・音:声が思いの外通るなと感じたのだけれども、だからこそ、変に抑えたトーンの声になってしまっていた
・その他:当たり前のことだけれども、まだ全然馴染めていない

【身体状況】
・どうも身体の芯が定まらないような気がする
・頭も意識もぼんやりとしていた
・さほど喉に違和感を覚えたりはしていなかったのだが、急に咳が止まらなくなったりした
・下半身が重い
・いつもよりもかなり視野が狭い気がした

【今日のテーマ】
◆一つひとつを、丁寧に

【レポート】
今日は小屋入りということもあってほとんどの時間を仕込みに費やした上に、他のプログラムの方の場当たりもあったため、場当たりも必要最低限の確認しかできなかったこともあり稽古らしい稽古はできなかった。

まあでも、そんな中でも俳優としてやれることは沢山あって、暇さえ見付けては、今回初めてである王子小劇場の空間に対してのアプローチを試みてはいた。

音や声の聞こえ方から視覚的な印象と身体的に実際に感じる感覚とのズレのようなものについてを確かめてみたり、はたまた身体のアンテナの感度を高めてみることによっての発見を促してみる仕掛けを打ってみたりと、他のことをやりながらでもやれることは沢山ある。
が、それでも追い付かないかもしれない。
しかし俳優として、これはできて然るべきことであるのだから、今やれることはやり尽くした上で臨むのが当然だし、追い付くしかない。


とにかく明日の朝のゲネが勝負になってくるだろうなと思っている。
や、思うも何も、そりゃそうだろって感じではあるのだが、、、

しかしその勝負に臨む前にやれることは全てやった上で挑んでゆかねば何にもならない。
身体を壊さない程度に、徹底した準備を行ってゆこうかと。


【小屋入りへ向けて】
◆宿題…徹底的に自らの芝居を確認し、完璧だと言い切れるくらいに身体に叩き込む。明日、それら全てを手放せるようになるために
◆テーマ…いま、ここ


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2011-05-07 01:45 | 稽古場日記