演劇家・横山真が己の表現の追求・具現化のために発足したプロデュースユニット。生(LIVE)の表現にこだわり、演者から発せられる音・熱・呼吸・視覚的印象などを五感+αで感じられる作品創造を目指す。


by yukinone_makoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

5/23(日) 『しゃぼんのころ』 本番3日前

5/23(日)11:00~22:00 @青少年学習センター・和室

【外界への印象】
《天候》
●雨
・気温も雨水もぬるい
《空間》
●和室
・視覚的印象:いつもよりも縦長に感じてしまった
・音:大きな音が重なると、がちゃがちゃになって訳が分からなくなる
・その他:雨なのに空気は乾いているような変な感じがした

【稽古前の身体状況】
・腰周り(特に左側)がかなり痛む
・喉がべとつく感じがする
・首周りがガチガチに固くなってる
・それに伴ってか、少し頭痛がする
・呼吸が浅い

【今日のテーマ】
◆楽しむ

【レポート】
今日が小屋入り前最後の稽古。

既にシーン数は60を軽く越えているが、まだ増えそうな感じだ。
こんなにも多彩で、密度の濃いシーン達が丹念に編み上げられてゆき、そこからひとつのアンサンブルが浮かび上がってくる様は、それを構成している一部の人間としても本当に痺れる。
確実に、観た人の中に何かが残る素晴らしい作品に仕上がってきていることが実感できているのが、創り手の一人として非常に嬉しく思う。

ただしまだまだ細かいところが甘く、作品の仕上がりとしては荒いのも事実。
残りの2日間を最大限に利用して、しっかり細かいディティールの部分を詰めてゆかねばならないなと思う。

個人的には、今日は昨日までの反省を生かし、通しの際にシーンの入りの部分に意識の大半を費やすくらいの気持ちで出るようにした。
結果、入り方そのものはだいぶいい感触を持てたのだが、その分各シーン共に後半失速気味になってしまったような気がする。
おそらく、これまでは入りの部分のエネルギーが不足していたため、そこそこの高まりでもそのスタートと比較してみれば結構高まっているように見えていたのだろうけれども、入りの部分がスムーズにいった場合にはこれまでの高まり方程度では全然足りていないため、もっとエネルギーを持たねばならなくなってしまったんだろうと思う。

また、実感として、高まり方にももう少し工夫が必要なんじゃないかなとも感じている。
できることなら自分が発する一つひとつの言葉全てに、いや、一つひとつの音全てに己の想いを乗せて相手にぶつけてゆくようにしなければ、今日の後半部分のように台詞がただ強いだけの一本調子なものになってしまう危険性がある。
台詞をひとつの塊としてとらえてしまっては、どんなに強いエネルギーを持った言葉を発したとしても決して響いてはこないと思う。

もっと細かくなってゆかねば。
相手のことももっと細かく感じてゆかねば。

力押しでは決して越えられないところにまできているんだってことを、しっかりと踏まえて今後は臨みたい。


明日は小屋入りです。

【小屋入りにあたって】
◆宿題…徹底的な身体のケア
◆テーマ…言葉一つひとつにしっかりと気を入れる

横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2010-05-24 01:06 | 稽古場日記