演劇家・横山真が己の表現の追求・具現化のために発足したプロデュースユニット。生(LIVE)の表現にこだわり、演者から発せられる音・熱・呼吸・視覚的印象などを五感+αで感じられる作品創造を目指す。


by yukinone_makoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

5/22(土) 『しゃぼんのころ』 本番4日前

5/22(土)13:00~22:00 @青少年学習センター・中会議室→和室

【外界への印象】
《天候》
●晴れ
・少しずつ、匂いが夏に近付いてきている
《空間》
●中会議室
・視覚的印象:窓の大きさのせいだろうが、実際の広さの割に解放感があった
・音:響きのせいか、どの音も硬質に感じた
・その他:ちょっと落ち着けた
●和室
・視覚的印象:色のトーンが暗く見えた
・音:やっぱり音の輪郭がぼやける
・その他:時間の経つのが早く感じた

【稽古前の身体状況】
・腰(特に左側)が痛む
・喉が若干荒れている
・膝より下が張ってる
・肚が定まってない気がする
・猛烈に眠い

【今日のテーマ】
◆恥をかく

【レポート】
今日は3場の完成に向けての試行錯誤の日となった。

しかし不思議なのは、小屋入り2日前にしてまだ4場が手付かずという状況にも関わらず、不安は感じない、ということ。
ここら辺が、マームの稽古がいわゆる段取り稽古とは一線を画しているのだということをよく表していると思う。

これまでの稽古の積み重ねがあるからこそ、新しい台詞を渡されたとしてもすぐさまそれに対応できるように感覚が研ぎ澄まされているのだ。
自分も、あれだけ初期には台詞の入りが悪くて苦労していたのに、今は自然と台詞が入ってくるので早い時には1回合わせるだけで台詞は大丈夫になってきた。
これも全て、これまでの稽古の積み重ねがあったからこその現象なのだと思う。
役のことが身体で掴めてきつつあるから、もし間違ったとしてもその場でその状況に対応できるだろうという精神的な余裕が生まれてきているのが、台詞の入りをよくしている要因として大きいんだと思う。
このいい循環にうまく乗っかって、残りの稽古も臨んでゆきたい。


【今日の反省点】

◆やはりというかなんというか、今日の最後にやった3場通しの際の、昨日作ったたかととのシーンが雑だった。シーン序盤がもうひとつ高まり切れず、中盤で盛り返したものの、終盤はその惰性に任せた単なる勢いだけのそれっぽい芝居になってしまった。自分一人で高まろうとかせず、もっと相手から受け取れるものを大切にしてゆくべきだし、また、もっと柔軟性を持った強さで相手にぶつかってゆかないと、あのシーンが単なるネタ的なシーンで終わってしまう。物凄くいいシーンなのだから、それを潰してしまうことは決して許されないんだと心得ておくべき。

◆昨日に続き、どうもシーンの入りの部分が中途半端な状態で始めてしまっている。然るべき準備をした上で、舞台上に出てゆくことは、俳優として当たり前にやらなければならないことのはず。出だしにムラがあるせいで舞台上に出てみないとその日の出来が分からないなど、決してあってはならないことだ。何があっても初日までに、、、いや、明日中にクリアして小屋入りに臨みたい。

次回の稽古は5/23(日)になります。

【次回(5/23)稽古に向けて】
◆宿題…身体のケア
◆テーマ…楽しむ

横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2010-05-23 00:50 | 稽古場日記