演劇家・横山真が己の表現の追求・具現化のために発足したプロデュースユニット。生(LIVE)の表現にこだわり、演者から発せられる音・熱・呼吸・視覚的印象などを五感+αで感じられる作品創造を目指す。


by yukinone_makoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

5/9(日)『しゃぼんのころ』 稽古17日目

5/9(日)13:00~22:00 @青少年学習センター・和室

【外界への印象】
《天候》
●曇り
・穏やかな感じがする
《空間》
●和室
・視覚的印象:いつもより暗い感じがした
・音:音が乾いて聞こえる
・その他:なんだか妙に落ち着かなかった

【稽古前の身体状況】
・粘膜部分の荒れが気になる
・頭が重い
・呼吸が浅い
・肩周りが重だるい
・後ろ重心

【今日のテーマ】
◆手放す

【レポート】
今日、自分の役の新しいシーンの稽古があった。
が、どうもまだ以前の停滞の名残があるせいか、身体も発想もかなり不自由な状態のままでいるような気がしてならないのが正直なところだ。

しかしまあ、そうはいっても以前のような何もかもががんじ絡めになっているような状態ではないため、焦ることなく今日の地点から後退してしまうことにだけ、気を付けてゆこうかと思う。

たぶん、今の停滞から抜け出られるようになるまであともう少しなんだろうなという予感はしている。
それだけに、一気に楽になろうとして易い道を選ばないようにだけはしてゆきたい。


弱気になっている時、何をするにも怖くなってしまってなかなか「楽しむ」ということに目が向かないけれども、苦しい時こそ勇気を持って楽しむことに向き合ってゆくべきだと思う。
もしかすると、今の自分には、与えられた武器を用いてどうしたら楽しめるのかを考えてゆくような方向性での発想で稽古に取り組んでゆくのがよいのかもしれない。

決して自分にできないことではないはず。
第一、これまではできていたのだから。


次回稽古は5/10(月)になります。

【次回(5/10)の稽古に向けて】
◆宿題…今日までの稽古のおさらい
◆テーマ…とにかく楽しむ

横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2010-05-10 01:24 | 稽古場日記