演劇家・横山真が己の表現の追求・具現化のために発足したプロデュースユニット。生(LIVE)の表現にこだわり、演者から発せられる音・熱・呼吸・視覚的印象などを五感+αで感じられる作品創造を目指す。


by yukinone_makoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

4/27(火) 『しゃぼんのころ』 稽古8日目

4/27(火)18:00~22:00 @青少年学習センター・和室

【外界への印象】
《天候》
●雨
・雨粒が冷たく、それにつられて空気も冷やされてる感じ
《空間》
●和室
・視覚的印象:雑然としていた
・音:雨音が纏わり付いてくるような質感で聞こえてきた
・その他:空気がずっしりとしてるような気がする

【稽古前の身体状況】
・腰が「きゅっ」と痛い
・頭の左側が重く、ぼんやり痛む
・目に映る景色がめまぐるしく感じる
・手首足首が冷える
・たまに咳が止まらなくなる

【今日のテーマ】
◆不毛になってみる

【レポート】
自分はどうやら2場からの登場になるらしいので、今日も出番はなし。

なんだか今回の稽古はだいぶこれまでとは違ったアプローチの仕方で創作を行っているため、色んなことが新鮮に感じる。
まあ、それもこれまでの積み重ねがあったからこそのこのアプローチの仕方なのだろうが。

しかし今日の稽古は、なにかこう、外側から見ていてもピンとこない部分がいくつかあった。
それが何なのかは、情けないけれども今の自分には分からなかった。
しかも、それがいいことなのか悪いことなのかも分からない。
ただただ直感的に、しっくりこない感じがしてしまったのだ。

確実に面白いシーンはできてきているんだけれども、何かが足りない気がしてしまった。
停滞?していたのかな。

ちょっともう少し集中してそういう部分も見極めていかなきゃなと思う。
や、仮にそれが分かったからといってうまく事態が転がってゆくかどうかは分からないけれども、でも、ただ言われたことを言われたまま闇雲に取り組んでゆくよりかは選択肢が拡がってゆくはずだから。

まあ、実際に作品の一部として人前に立ってみればまた何か見えてくるものもあるのかもしれないが、それはあくまでも自分の都合であって優先すべきは作品全体の都合である訳だから、今の自分にできる範囲でやれることをやってゆくしかないんだと思う。
「立たないと分からないこと」もたしかにあるが、しかしじゃあ今の自分はそれ以外のことは全て把握しきれているのかと言われれば決してそうではないはず。

「たら、れば」を言い訳にしている限りは、前進などできはしない。
とにかく、現状でできることのベストを尽くしてゆくのみだ。


次回稽古は4/28(水)になります。

【次回(4/28)の稽古に向けて】
◆宿題…今日の稽古のフィードバック(違和感の原因について探ってみる)
◆テーマ…循環

横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2010-04-28 02:24 | 稽古場日記