演劇家・横山真が己の表現の追求・具現化のために発足したプロデュースユニット。生(LIVE)の表現にこだわり、演者から発せられる音・熱・呼吸・視覚的印象などを五感+αで感じられる作品創造を目指す。


by yukinone_makoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

4/23(金) 『しゃぼんのころ』 稽古6日目

4/23(金)13:00~22:00(横山18:30入り) @青少年学習センター・和室

【外界への印象】
《天候》
●雨
・雨が細かいので、余計に不快
《空間》
●和室
・視覚的印象:ぼんやり暗い感じ
・音:天井の軋みの音がうるさかった
・その他:妙に横になりたくなった

【稽古前の身体状況】
・どうも喉がぱさつく
・首周りが若干痛む
・何かこう、重心が定まりきらない
・視野が狭く、眉間が寄ってしまう
・柔らかくない

【今日のテーマ】
◆不毛になってみる

【レポート】
今日も代役を1回やっただけで、自分のところの稽古はなし。
ただ、外から観ていてはっとするような瞬間が随所に見られたので、今後の創作がとても楽しみだったりする。

こういう形でのリピートのかけ方もあるんだなとか、目には見えないはずの場の空気の変化がはっきりと感じられたりとか、人と人のやりとりが今まさに目の前で生まれていることを感じさせられたりとか、様々な部分でこれまでのマームからもう一歩前進しつつあるような気がしている。

それだけに、早いところ自分もこのクリエイティブな渦の中に飛び込んでゆきたくはある。
今日の稽古終盤に色々と話してゆく中で自分の役の可能性が拡がってきていることも、その欲求を更に高まらせている。

しかしまあ、そうは言ってもあまり焦ったところで仕方がないのも事実なので、今はただひたすら、自分の出番に備えてやれることを精一杯行ってゆこうかと。



今日の稽古の中で気付いた点がひとつ。

子供の頃にはただひたすらに楽しくやっていたことが、大人になってから思い返してみるとどこか物悲しく感じてしまったり、切なくなってしまうことって案外多い気がする。
まあ、それはおそらく、成長するにつれて現実を知っていったが故に、当時よりも広い視野の元、俯瞰した状態で当時の状況を客観的に思い返してしまったりするから、そう感じてしまうのだろうけれども。

しかし、この「大人目線」というものが今回のような作品の創作時には非常に厄介なものになってしまっていて、今の自分達の感性で子供のことを考えてしまうと、知らず知らずのうちに感傷的な目線が入ってきてしまうため、どうも辛気臭くなってしまいがちだ。
しかし実際の子供達は、全力で今を楽しんでいたりする訳だから、もし子供を演じたり、子供を取り扱った作品を描こうとする際には、その感傷的な目線というものが物凄く邪魔になってくるんじゃないかと思う。

やはり、芝居中には、演者は自分達が今まさに行っている行為に全身全霊を懸けて没頭すべきであって、だから、どんなに後から思い返した時に感傷的になるようなことを作品上で行っていたとしても、それを逆算して感傷的に見せようとする必要はない。
まあ、とはいってもこの「感傷的に見せない」「没頭する」という点についてはさほど難しいミッションではないと思う。
最も厄介なのは、無意識下で大人の感性というフィルターを通しての発想になってしまっている部分を一つひとつ自覚させてゆくことなんだと思う。


また、もうひとつ気を付けねばならないことは、観客もその大半が大人である以上、無意識のうちにそういった感傷的なフィルターを通して作品を観ようとしてしまいかねない、ということ。
少しでもネガティブな要素が混じってしまうだけで、見方が悲劇を見るような見方へ一気に変わってしまう可能性は結構高いのではないかと思う。

但し、そういう風に観ることが必ずしも悪いとは思わないし、そもそも作品の見方なんてものは個人の自由な訳だから、それについて何か否定的な意見を持ったりはしていない。
が、自分達創り手側の人間としては、別にそこにとらわれる必要はないとはいえ、創作と繋がっているひとつの要素ではある訳だから、そういう見方を引き起こしてしまう可能性についてもっともっと気を配って然るべきだし、決して見ないふりで終わらせてはならないことなんだと思う。


うーん、、、ちょっとまだまとまりきれていない意見のため、何を言いたいのかが分からなくなってきてしまった、、、
まとまったなら、また改めてこのことについては書いてみようかと。


次回稽古は4/26(月)になります。

【次回(4/26)の稽古に向けて】
◆宿題…これまでの稽古でやってきたことのフィードバック
◆テーマ…不毛になってみる

横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2010-04-24 01:59 | 稽古場日記