演劇家・横山真が己の表現の追求・具現化のために発足したプロデュースユニット。生(LIVE)の表現にこだわり、演者から発せられる音・熱・呼吸・視覚的印象などを五感+αで感じられる作品創造を目指す。


by yukinone_makoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

1/30(土) 『たゆたう、もえる』 稽古25日目

1/30(土)18:00~22:00 @青少年学習センター・和室

【外界への印象】
《天候》
●晴れ
・空気も柔らかく、日差しが気持ちいい
《空間》
●和室
・視覚的印象:人数多いはずなのに、何故かスカスカな感じ
・音:なんか、音が空振る感じがした
・その他:空気が悪いせいか、何かこう、くらくらしてしまった

【身体状況】
・首の付け根、股関節がガチガチに固くなっている
・重心が後ろ気味
・時たま瞼がピクピクいう
・ただ、呼吸は落ち着いている

【今日のテーマ】
◆場に身を委ねてみる

【レポート】
今日は、2場を中心にして、最近稽古が足りていなかったシーンを細かく詰めていった。
という訳で、自分のシーンの稽古は今日はなし。

だいぶ作品の輪郭が見えてきた気がするが、それだけに細かい部分のアラが目立ち始めてくるようになってきた。
それに伴って、各俳優に求められるものもより高いレベルのものに上がってきつつある。

そんな痺れるような稽古場になりつつある今のこの状況に、自分はこれ以上ない喜びと怖さを感じており、同時に、これは素晴らしい作品に仕上がるであろう確信も抱けるようになってきた。

それだけに、今は求められればすぐそれに応えられるよう、入念な準備を怠らないようにしておきたく思う。


次回の稽古は1/31(日)になります。

【次回(1/31)の稽古に向けて】
◆宿題…とにかく休む、余計なことは考えず、休む
◆テーマ…場に身を委ねてみる


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2010-01-31 01:25 | 稽古場日記