演劇家・横山真が己の表現の追求・具現化のために発足したプロデュースユニット。生(LIVE)の表現にこだわり、演者から発せられる音・熱・呼吸・視覚的印象などを五感+αで感じられる作品創造を目指す。


by yukinone_makoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

1/17(日) 『たゆたう、もえる』 稽古14日目

1/17(日)9:00~22:00 @青少年学習センター・和室→小会議室1→講習室

【外界への印象】
《天候》
●晴れ
・とにかく気持ちのよい空気、色合い、音
《空間》
●和室
・温度が天井の方へ貯まってしまって足元が冷えた
●小会議室1
・なんだかお客さんのような感じがして、あまり動く気がしなかった
●講習室
・この部屋に慣れてきたせいか、今日の3部屋の中で一番落ち着けていた

【身体状況】
・鼻づまりは相変わらずだが、だいぶ落ち着いてきた
・胃腸が若干痛む
・末端が冷たい
・呼吸は浅い

【今日のテーマ】
◆目に映るもの、耳に聴こえるものに正直に

【レポート】
今回の自分の創作は今、かなりの集中力を要する神経戦の様相を呈してきたように感じている。

物凄く、細かい。


感情を一滴たりとも溢すことなく、
的確にそこから生まれる衝動を身体へと伝え、飾りは一切加えない。

外に現れる動きの一つひとつが、大き過ぎても、小さ過ぎてもいけない。

しかしそれは決して受け身ではないし、自分だけ発信などでも当然ない。

ただひたすらに、「目の前の存在と共に、今、ここ、を生きる」ことをするだけ。

何かにしがみつきたくなる不安すらも、真心をもって引き受ける。


そして、


言葉にしない。

ただそうあるだけ。



今日は、すごく気持ちのよい時間を過ごせたと思う。

ちょっとだけ、前進できたかもしれない。


次回の稽古は1/18(月)になります。

【次回(1/18)の稽古に向けて】
◆宿題…今日の稽古での細かいミスの洗い出しと確認
◆テーマ…言葉にしない


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2010-01-18 00:38 | 稽古場日記