演劇家・横山真が己の表現の追求・具現化のために発足したプロデュースユニット。生(LIVE)の表現にこだわり、演者から発せられる音・熱・呼吸・視覚的印象などを五感+αで感じられる作品創造を目指す。


by yukinone_makoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

10/31(土)『コドモもももも、森んなか』本番5日前

10/31(土)15:00~22:00 @青少年学習センター・和室

【外界への印象】
《天候》
●晴れ
・10月終わりとは思えない連日の暑さ
・空気が乾いているためか、風が心地よい
《空間》
●和室
・空間への馴染み方というか、居心地が楽過ぎて、変に落ち着いてしまう
・今日は壁の傷などが妙に気になった

【身体状況】
・全身がだるい
・もう少し深くなってくれれば、、、という感じの、なんとなくしっくりこない呼吸の感覚
・指先がカサカサで、感覚も若干変な感じがする
・サイドの視野がだいぶ狭い

【今日のテーマ】
◆こうへいのこれまでとこれからが地続きに続いているという意識をしっかりと持つ

【レポート】
今日の稽古で、こうへい&りり子の設定がだいぶ変更された。
その変更は、作品全体の風通しをよくするものであったのではないかと思う。
現に、今日新たに加わったシーンのお陰で、かなり役について繋がった部分があったのだ。

ただしその反面、これまでのシーンにもその変更の影響で変化が見られているのだが、身体の方がまだそのチャンネルに合わせきれていないためか、どうもしっくりこなかったりもする。

中でも顕著なのが、一つひとつの“間”である。
どうしても、これまでに作ってきた役の流れが身体に残ってしまっているため、自分の中での一つひとつの行動に対する動機が定まりきれておらず、悪い意味で複雑化してしまっているようなのだ。
そのため、一度そこら辺についてしっかりと整理をしてみる必要があると思う。

また、“間”の問題についてはそれだけが原因ではないとも感じていて、もしかすると自分自身の体内時計のスピードそのものが他の人よりもゆったりなのかもしれないなと、そんな気もしてきている。
だから、ひとつの選択肢として、意識的に自らの体内時計のスピードを早めてゆく必要があるのかもしれない。

なぜそんなことを感じたのかと言えば、今日のあるシーンの稽古時に、自分としては全く長くは感じていなかったにも関わらず、タイムがむしろ延びてしまったためである。
また、後で聞いたら相手役である藤田のさりさんも同じ感覚だったとのこと。

思うに、自分もさりさんもどちらかと言えば省エネタイプ(笑)の生活リズムの人間であるので、自分達の体感時間と周りの時間の流れ方にギャップがあるのかもしれない。
しかも、お互いにそうなのだから、そこには(今回の作品にとって)負のベクトルへの相乗効果が生まれてきてしまう可能性もあり得る訳で、それを防ぐためにもお互いがお互いで工夫してゆく必要があるのだと思う。

明日の稽古では、そこのところを重点的に注意しつつ稽古に臨んでゆきたい。
一つひとつのモチベーション自体はしっかりと持ててきているのだから、自分がやり易いところから抜け出てゆかねば決して先へは進めない。


次回稽古は11/1(日)になります。

【次回稽古(11/1)に向けて】
◆宿題…今日の変更点について整理する
◆テーマ…体内時計を早めてみる


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2009-11-01 00:41 | 稽古場日記