演劇家・横山真が己の表現の追求・具現化のために発足したプロデュースユニット。生(LIVE)の表現にこだわり、演者から発せられる音・熱・呼吸・視覚的印象などを五感+αで感じられる作品創造を目指す。


by yukinone_makoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

9/27(日)『コドモもももも、森んなか』稽古8日目

9/27(日)17:00~22:00 @青少年学習センター・講習室

【外界への印象】
《天候》
●曇り
・空気がだいぶ乾燥してきた
・静か
《空間》
●講習室
・妙に落ち着いていて、居心地はよい
・大きな窓のせいか、解放感がある

【身体状況】
・首の後ろががちがち
・呼吸は浅く、声の響きは落ちている
・鼻が詰まりやすく、口の中も妙にべたべたする
・何かこう、気分がもう一つ盛り上がらない

【今日のテーマ】
◆目に映るものに正直に

【レポート】
何かこう、最近強く感じていた自分の声に対する違和感が、もろに出た感じの今日の稽古であった。

あきらかに自分の声質が変化している。

自分で出しているはずの声が、まるで自分のものではないような、、、バイオリンのつもりで弾いたら、出た音はチェロだったと言っても大袈裟でないくらいに、自らの持つ発声時の感覚イメージと実際の感覚に差があった。
正直言って、ここまでの変化が我が身に訪れていることに大きな驚きを覚えている。

この変化についての原因究明も大事ではあるが、自分としてはそれよりも、この今の発声感覚に対して感じているズレにどう対応してゆくのか、ということと、落ちてしまった声の響きに柔軟性を持たせるためには、そして浮わついた声質に強度を持たせるためには、何を自らの身体に働き掛けてゆけばよいのかを考えることの方を優先してゆこうと思う。

まあ、というのも、ある程度その原因は自分の中で思い当たることがあるからであるし、あまり原因ばかり追ってしまって「じゃあ、どうするか」をおろそかにしてしまってもそれはそれでよろしくはないと考えているからである(但しだからといって原因究明を軽んじている訳では決してなく、「じゃあ、どうするか」を考えてゆけば否応なしに原因と向き合わざるを得ないのだから、あまり「原因究明」という部分的な対応にとらわれることはないなという意図がそこには含まれていたりするのだが)。


しかしまあ、今回のような急激な身体の変化というのは自分も思い出す限りでは記憶にないので、多少の不安は拭えないものがある。
が、不安の有無は自分の行える努力量には何ら影響を及ぼすことはないはずである。

もし、影響を及ぼすのだとすれば、それは不安の有無によってではなく、「不安に甘える心」であり「不安を力に変える強い心」なのだと思う。

自分は、後者を選びたい。


次の更新は10/4(日)となります。

【次回稽古(10/4)に向けて】
◆宿題…今の自分の声・自分の身体をよく見つめ直してみる
◆テーマ…攻めの姿勢で


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2009-09-28 00:10 | 稽古場日記