演劇家・横山真が己の表現の追求・具現化のために発足したプロデュースユニット。生(LIVE)の表現にこだわり、演者から発せられる音・熱・呼吸・視覚的印象などを五感+αで感じられる作品創造を目指す。


by yukinone_makoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

10/29(水)『ブルーとベリー』 本番3日前

10/29(水)9:00~22:00(通し・19:35) 天候:曇り @青少年学習センター・講習室→和室

【外界への印象】
《気候》
・めっきり冷えてきた
《空間》
◆講習室
・音が響き過ぎていて、気持ち悪い
◆和室
・美術を仕込んだため、色んな事に感覚がとらわれてしまった
・少々埃が舞っていて、空気が悪い

【稽古前の身体状況】
●相変わらず左腰に猛烈な痛み
●膝も痛み出した
●喉が痛い

【本日のテーマ】
◆手放す

【本日の稽古レポート】
本日、小屋入り前の最後の稽古であった。
今日も稽古前半でまきの・けんいちのシーンを重点的に行い、その後それ以外のシーンに修正を加え、通しに突入、という流れだった。

どうも、最後の稽古という事で焦りが生まれたのか、今日の稽古場は何かこう、すっきりしない空気が流れていたように感じた。
そしてその影響なのか、通しでの一人ひとりの芝居が本当に重苦しく、あれでは観客が観ていて長く感じてしまうのではないかと思った。

何をどう焦ったとしても、残りの時間が変動する事などは絶対に有り得ない事である。
ならばその事実を真正面から受け止め、受け入れた上で「では、どうするか」を考えてゆかねば、決してよい結果は生まれないだろう。

そういった意味でも、今日の浮き足立った稽古場の空気はなんとしても建て直さねばならない。

苛立ちや焦りからは負の循環しか生まれない。
そして自分達が創り出そうとしている作品は、それとは対極にあるはず。

明日、とうとう小屋入り。
あらゆるものを信じて、誠実に、謙虚に、一瞬一瞬に全力を尽してゆこうと思う。


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2008-10-30 00:49 | 稽古場日記