演劇家・横山真が己の表現の追求・具現化のために発足したプロデュースユニット。生(LIVE)の表現にこだわり、演者から発せられる音・熱・呼吸・視覚的印象などを五感+αで感じられる作品創造を目指す。


by yukinone_makoto
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

10/26(日)『ブルーとベリー~』 本番6日前

10/26(日)10:00~22:00 天候:曇り @大沢公民館・中会議室

【外界への印象】
《気候》
・寒い
・暗い

《空間》
◆中会議室
・綺麗
・床がすべる

【稽古前の身体状況】
●腹が痛い
●喉に何かしらの引っ掛かりを感じる
●疲れが溜りやすい

【本日のテーマ】
◆発する事を恐れない

【本日の稽古レポート】
昨日に引き続き、今日もまきのとけんいちのシーンの追加があった。
今日の追加は、昨日の追加とはだいぶ意味合いも違っていて、昨日の追加シーンは夫婦二人の関係性を象徴するようなシーンであったのだが、今日の追加シーンはより作品全体の繋がりを強化するシーンである。
これによって観ている側も演じる側も、かなりすっきりしたような気がする。


それにしても、このところ新しいシーンが次々と増えているにも関わらず、全く動じる事なく対応できるようになってきているのは、やはり、己の役に対する信頼感と相手役に対する信頼感の両方が強く持てるようになっているからなのだろうと思う。
相手の呼吸と、自分の役の呼吸と、自分自身の呼吸、その全てがうまく作用しあえる状態へスムーズにアクセスできる関係性が、確かに築けてきているのだなと実感している。
二人の間の空気や間合いのようなものに身を委ねる事のできる瞬間がとても増えてきた。

「共に創っている」という実感を伴った上での稽古というのは実にクリエイティブで楽しい幸せな時間である。
そしてそこで生まれたものを余す事なく作品に反映する事ができれば、お客さんともその幸せを共有できる訳で、そうすればきっと更に上の幸せが味わえるはず。
本当に今、稽古が楽しくて仕方がない。

小屋入りまであと3日。
とにかく最後まで追い続けてゆきたい。

次回の稽古は10/27(月)です。


【次回稽古(10/27)へ向けて】
◆宿題:本日新しく決まった構成と反省点の確認
◆テーマ:自らで限界を定めない


横山 真
[PR]
by yukinone_makoto | 2008-10-27 01:02 | 稽古場日記